ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

写真拡大

26日に発熱などの症状があり、27日にPCR検査を受検

 ヤクルトは27日、村上宗隆内野手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。現在、発熱、鼻水、くしゃみ、目のかゆみの症状があり、自主隔離して保健所の指示を待っている。

 村上は26日の起床時に体温37.1度の発熱があり、鼻水等の症状があった。27日にPCR検査を受検したところ、陽性判定を受けたという。球団は所轄保健所に報告し、対応についての指示を仰ぐと共に、濃厚接触者の判定を待っている。(Full-Count編集部)