※画像はイメージです/PIXTA

写真拡大

FXトレードは初心者ほど勉強を疎かにしがちで、プロトレーダーになるほど毎日勉強しているという面白い性質のある投資です。「なるほど。それでは自分も初心者だけどキチンと勉強をしよう」と考えている人は、陥りやすい「ミス」に気をつけなければいけません。今回はFXトレードの勉強方法と、初心者が陥りやすいポイントについて詳しく解説していきます。

【関連記事】「FXの初心者が陥りがちな罠」…プロが嘲笑う1つのパターン

FXの勉強にはどのような方法があるのか?

「FXは一攫千金があるから何も勉強しなくてもよい」と考えている人は少ないはずです。

FXプロトレーダーは毎日のように、ほんの少しでもプラスになるための勉強を欠かすことがありませんが、初心者の場合はどのように勉強をすればよいのか分からない人も多いと思われます。

そこで、初心者の方が勉強をする道標になる3つの勉強方法について紹介します。

書籍やインターネット上でFXのことについて調べる

FXを始めたばかりの人に最も多いのが「書籍やインターネット上でFXのことについて知った」というものです。

最近では、貯蓄や投資に関する書籍がコンビニなどでも販売されるようになったため、そこからスタートしてFXについて知る人も多いでしょう。

書店などを巡れば初心者向けに解説している参考書がありますし、高額な書籍を買う余裕がないという方は少し大きい図書館などでも見つけることができます。インターネットを使って勉強をする場合は、無料で学べるFX情報が盛りだくさんなので、仕事の休憩時間などを利用してスマホ等で学習することができるでしょう。

書籍やインターネットを利用した学習方法はFXの基礎を学ぶことができ、さらに費用もそれほど掛からないのが最大のメリットです。

セミナーへの参加や、FXプロトレーダーに聞く

書籍やインターネットを利用してFXの基礎知識を身につけることができたら、次はFXのセミナーへの参加をしてみるのもよいでしょう。もしも知人や友人にFXプロトレーダーが居るのならば直接教えてもらいに行くというのもオススメです。

セミナーへの参加に関しては書籍に比べると費用が少し高額になり、基本的には学校の授業のように一方通行の知識を得るだけとなってしまうこともあります。その場合、講師の方に質問の機会があるセミナーも開催されているので、自分の知識レベルに合わせて参加するセミナーを選ぶとよいでしょう。

最近では地方在住の方に向けてオンラインセミナーを開催しているケースもあるので、自分の住んでいる場所に関係なく参加できるのもメリットの一つです。

自分自身で検証と体験を積むことで勉強する

書籍で基礎知識を、セミナーで実践的な知識を身につけることができれば次は実体験です。

オススメなのはデモトレードなどを活用し無料で体験を積むという方法ですが、リアルマネーを使わないと効率的に学習できないという方もいますので、その場合は少額からスタートするとよいでしょう。

自分自身の体験から勉強する場合、トレード開始前と決済完了後に1つだけメモをとると効率的です。

それは「なぜ、いまのタイミングでトレードを完了したのか?」ということ。

トレードが成功してプラスになったとか失敗してマイナスになったということは置いておいて、「なぜトレードしたのか?」ということを文章にして突き詰めていくことで、実体験を伴った勉強方法になります。

この体験の積み重ねがプロトレーダーへの第一歩となるので、少しずつメモを増やしていくことが正しい経験を積むことに繋がります。

初心者がやりがちな「間違った勉強方法」とは?

上記ではFXトレードの勉強方法について紹介しましたが、こちらでは初心者が陥ってしまいがちな「間違った勉強方法」について紹介します。私の経験上初心者の9割以上がこの勉強方法を実践し、その多くが1年以内にFX界隈から姿を消していますので、恐らく間違ったやり方なのだろうと考えています。

その間違った勉強方法のポイントは1つだけで、「FXで勝つための方法を勉強する」というものです。

この文章を読んだときに頭の中でハテナマークが出てきた人は気にしないでください。あなたは今このように思っていると思われます。

「勝つ方法を勉強しないで、どうやって勝つんだ?」と。

勘違いしないでもらいたいのが、「勝つための方法を勉強する」というのが間違っているのではなく、「勝つための方法"しか"勉強していない」というのが大きな間違いだということです。

初心者の頃はFXトレードに夢を描いている人も多く、「億万長者になれるかもしれない!」と希望を抱いている人も多いので、どうしても「勝つための方法」や「稼ぐ方法」を求めてしまいがちです。

もちろん最終的には勝つための方法を求めなければいけないのですが、初心者の頃から勝つための方法を求めすぎると資金的に無理な取引をしてしまい莫大な負債を抱え込むことも多いです。

そうならないためにも、勝つための方法を求めすぎるのは止めたほうがよいでしょう。

FXで勝つための正しい勉強方法と実践

ここまでの話を読んで「FXで勝つのは難しいのでは?」と思った人も多いかもしれませんが、FXは魔法のように目の前に一攫千金を積んでくれる投資ではありません。正しい勉強をして、成功と失敗を繰り返しながら少しずつ成長することによってプラスを出していくという投資です。こちらではFXで勝つために必要な勉強方法について紹介します。

「勝つために必要な」というと難しく思えるかもしれませんが、考え方としては非常にシンプルです。

それは「負けないための方法を知る」ということです。

「負けない方法」もしくは「負けづらい方法」を知ることによって、最初は少し負けが先行するかもしれませんが、負ける方法を理解できればその方法をやらなければいいだけです。そうすると少しずつですがプラスに転向するようになるので、勝ち方を学ぶのはそれからでも遅くありません。

剣道の世界での有名な言葉に「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」というものがあります。プロ野球で活躍した故・野村克也監督が頻繁に使ったことで有名になった言葉です。

簡単に意味を説明すると「勝ったときは何で勝ったのか分からないこともあるが、負けるときは負ける理由がある」というものです。負けた理由を分析することによって、どうすれば負けるのかということが理解できます。

そうすると、最終的には勝ちもしくは引き分けの状態に持ち込むことができるようになるので、リスク管理をしながら安定した収支を得ることが可能です。

■まとめ

今回はFXの勉強方法や実践的な考え方について紹介しました。

最近では国の政策としても投資を推奨していることもあり、書店やコンビニなどで気軽にFX関連の書籍を購入することができます。

しかし、書籍を購入して学習するだけではFXで勝ち続けることは不可能なので、正しい知識と経験を積むようにしてください。

間違っても始めから高額な資金で取引をスタートするのではなく、デモトレードまたは少額からスタートするようにしましょう。

清水 一喜

株式会社ソーシャルインベストメント 執行役員