全日本選手権で銀メダルに輝いた村元哉中(左)と高橋大輔、長年指導してきたコーチは2人をどう見ているのか【写真:Getty Images】

写真拡大

連載「名伯楽のフィギュアスケート論」第2回、“かなだい”を間近で見て感じたもの

 隆盛を極める近年の日本フィギュアスケート界には次々と新たな才能が頭角を現し、2月に開催される北京五輪でもメダル獲得への期待が高まっている。その土台を作った1人に挙げられるのが、数々のスケーターを育ててきた長光歌子コーチだ。高橋大輔を中学時代から長年指導し、2010年バンクーバー五輪での日本男子初の銅メダル獲得に導いた。そんな歴史を築いた名伯楽が語る「フィギュアスケート論」。今回はアイスダンサーとしての道を歩み出し、“かなだい”結成わずか2年で五輪出場権を争うまでになった教え子について語った。(取材・文=小宮 良之)

   ◇   ◇   ◇

「(高橋)大輔の人生はいろんなことが伏線のように絡み合っていて、漫画でも小説でもないような物語になっている気がします」

 フィギュアスケート界で多くの選手を育ててきた長光歌子コーチは、そう言ってアイスダンサーとしての道を歩み出した教え子について語った。

 2021年12月の全日本選手権、長光は“かなだい”という愛称の村元哉中・高橋大輔組の臨時コーチとして、リンクサイドに立っている。コロナ禍で来日を断念せざるを得なかったマリーナ・ズエワコーチの“代打”だった。2019年12月の全日本で高橋がシングルを引退して以来となる、名コンビの復活だ。

「私はたくさんの選手を教えてきましたが、大輔は周りに必要な人が来てくれる。(アイスダンス界の名伯楽で五輪金メダリストを次々に輩出した)マリーナ(・ズエワ)は半分リタイアするつもりでいたはずですが、(声をかけた)タイミングが良く一緒にできて、だからこそ緻密に見てもらえた。(高橋とその周りは)必然と言うべきことが起こる。後から考えると、こういうことだったんだって」

 全日本で“かなだい”は、リズムダンスでのたった一つのミスが響いて僅差での2位だった。しかし国際スケート連盟(ISU)が発表する世界ランキングで日本人最高位、ISUシーズン日本人ベストスコアを叩き出した躍進は、アイスダンスの人気向上にも一役買っていた。北京五輪の出場権は得られず、四大陸選手権、世界選手権の出場となったが、カップル2シーズン目とは思えない成果だ。

 全日本での激闘を再び間近で見守った、かつての恩師が感じたものとは――。

全日本後に伝えた「来年も続けてほしい」という言葉

――まず急きょ、“かなだい”のコーチを引き受けた経緯を教えてください。

「マリーナが来られないことになって、彼らだけでリンクに出て行くのは辛いだろう、というので引き受けました。リンクサイドに立つだけなら、私と(村元のシングル時代のコーチである)濱田(美栄)先生が適役だろうな、って。同じ(アイス)ダンスの先生が立つと、難しい問題が起きるかもしれなかったので。ダンスの先生から見たら、シングルの先生が何を偉そうに、と思われたかもしれませんけど」

――練習中、水を渡すタイミングが阿吽の呼吸でした。

「(濱田先生と)私たちはとにかくティッシュと水持ちだって(笑)。大輔をずっと見てきたので、“ああ、ここは水だな”とは分かるので。その呼吸は良かったと思いますけど」

――“かなだい”は日本人歴代最高得点を叩き出したワルシャワ杯の転戦を挟み、日本での隔離もあり、不利な戦いでした。リズムダンスでは不測の転倒があって……。直後、どんな話をしたのでしょう?

「うーん、『難しいもんだね、アイスダンス』って。今回は2人とも緊張していたはずですよ。ズームを使ったレッスンでは不安が残りますし、私たちは(ダンスは)分からへん素人やしね。それに大輔は外に言っていませんが、靴が合わなかったみたいで、最後まで調整していたんですよ。今回は、それも上手くいかなかった要因かな」

――高橋選手に至ってはシングルから転向2年目、まるで別の競技をするなか、実力で日本のトップまで来ました。

「大輔は初めての競技だけに、本当にいろんなことを短期間で経験していました。去年の全日本もそうだったけど、いくつかアクシデントがあって。『全部、経験しておけ』って言われているんだろうなって思っています。それを乗り越えてきただけに(五輪選考に関しては)残念な気持ちもありますが、これからの糧になるはずです」

――フリーダンスは見事に1位も、北京五輪代表を逃した後、どんな声をかけましたか?

「『来年も続けてほしい』っていうのは伝えました。今、やっとアイスダンスが上手になってきたというか、土台ができた気がしたので。これからもっと上手になるはずだから。4年後(の五輪)っていうのは先が長いし、分からないけど、来年は続けてほしいなって」

9年ぶりの四大陸「不思議な人生の縁を感じる」

――長光先生が考える「かなだいの行き着く先」とは?

「私はダンスのことは本当に分からないですが、2人がやり切ったって思えるところまでやってくれたらいいと思います。2人ともまだまだ伸びしろは感じていると思うから。まあ、シンプルにもっと見たいですよね? もっと上手くなって、2人がどんなカップルになるのか」

――村元選手とのカップルは、相性もいいですね。

「(村元)哉中ちゃんは大輔と違って、とにかくポジティブな女性で、ありがたいですね。(性格的に)合っているなって思います。日頃の練習風景は分かりませんし、きっと喧嘩はしているし、ぶつかってもいるはずですけど。結果として、お互いがカバーしている感じで、とても合っていますよ」

――右肩上がりの“かなだい”の演技を、「五輪で見たかった」という声は根強いです。

「今までずっと大輔を見てきて、今回のことも何か意味があるんでしょうね。そう思わないと、複雑な感情も出てきてしまう(苦笑)。本人たちが前向きなので……。『そこを通りなさい』っていう伏線なのかなと思うことにしています。そのおかげではありませんが、(高橋のシングル引退後に指導する三宅)星南が全日本で最終グループまで残って四大陸代表に選ばれ、私も大輔たちと9年ぶりの四大陸に一緒に行けます。(岡山出身の)星南にとって、大輔は幼い頃からのアイドル。そこも不思議な人生の縁を感じるんです」

(第3回へ続く)

長光歌子
1951年生まれ、兵庫県出身。66年の全日本ジュニア選手権で優勝するなど選手として実績を残すと、引退後は指導者として多くのスケーターを育てる。高橋大輔を中学時代から指導し、2010年バンクーバー五輪で銅メダル、同年の世界選手権で優勝に導いた。フィギュアスケートをこよなく愛し、現在は関大アイススケート部コーチを務める。

(小宮 良之 / Yoshiyuki Komiya)

小宮 良之
1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。