ホテルからの帰り道… 彼女が驚愕した「短時間デートしかしない彼」の正体【前編】

写真拡大 (全3枚)

付き合っていても、相手のことをすべて把握できるわけではないでしょう。なかには、踏み込めない部分もあるはず。彩芽さん(仮名・28歳)は、合コンで知り合った恵一郎さん(仮名・32歳)と交際していたものの、「仕事が忙しいから」という理由で、彩芽さんに時間を割いてくれなかったそう。そんな彼の状況を自分なりに理解はしていたものの、そこには彩芽さんが知らなかった“ある理由”が隠されていたそうで…。今回は、その当時の話を彩芽さんに詳しく教えてもらいました。

5年間付き合った彼と別れて…

「私には大学時代から24歳まで、5年間付き合っていた彼氏がいました。高校のときにも彼氏はいましたが、深い関係にはならなかったので、男性としての付き合いはその彼しか知りませんでした。

同い年の彼と長く付き合って思ったのは、“子どもだな”ということ。彼がワガママだったこともあり、事あるごとにケンカになりました。でも、一回も彼の方から謝ってくれることはありませんでしたね。いつも私が大人になって、仲直りをするしかありませんでした。ですが、私も我慢の限界に達し、ケンカ別れとなりました。

その一件以来、“男性と付き合うのはこんなにも大変なのか…”と恋愛をあきらめていたこともあるのですが、そんなときに出会ったのが、4歳上の恵一郎さん(仮名)でした」

スーツ姿にトキめいて…

「彼氏と別れて1年ほどしたころ、友だちに誘われて合コンに参加したんです。慣れない場で緊張して、うまく会話に入れませんでした。

そんななか、ひとり遅れてきた男性がいて、それが、恵一郎さんでした。彼は仕事帰りで、ビシッとしたスーツ姿。ほかの男性は私服だったので、少し目立ちました。“遅れてごめん”と言いながら、笑顔で席に着く姿を見て、トキめいてしまいましたね。

なんでも、彼は父親の会社を引き継いで、経営者として働いているとのこと。話し方は穏やかで、余裕のある姿に大人な印象を感じました」

会えないことで気分が盛り上がり…

「しばらくして、恵一郎さんと付き合うことに。彼は車を持っていて、出かけるときはいつも支払いをしてくれましたし、優しくてとにかく居心地が良かったんです。

でも、仕事が忙しいせいか、会えてもせいぜい2〜3時間。食事やドライブに出かけて、ホテルに行くというのが定番のデートでした。毎回、夜遅くならないうちに帰ってしまうんです。寂しくもありましたが、逆に会えないことで、より彼を愛しく感じていましたね。

ところが、ある日。ホテルからの帰り道に少し大きな買い物をしたので、彼の車の後部座席に荷物を置かせてもらおうとしたんです。すると、白い何かが落ちているのを見つけました。よく見ると、それはハンドクリームだったんです」

彼が短時間しか会ってくれない理由は…

「彼がハンドクリームを使っているところは見たことがなく、会う時間が少ないことも不審に感じた私は、自分のスティックタイプのリップをバッグから取り出し、後部座席に置いてみました。

後日、彼の車に乗ったとき、リップは残っていました。ただ、手に取って蓋を開けてみると、潰されたのか折られたのか、先がなくなっていました。これはもう、確実に何かあると思いましたね。

私は意を決して、“私のほかに付き合っている女性がいるの?”と彼に尋ねました。すると彼が言いました。“親に決められた許嫁がいる”と。私はそれを聞いて大きなショックを受けました…」

“彼にいつも短時間しか会ってもらえなかった女性の告白”をご紹介しました。

いつも2〜3時間しか会ってもらえないなど、不審な点はいくつかあったものの、彼のことが好きだったからこそ信じ切っていたという彩芽さん。しかし、彼はほかにも嘘をついていたことが発覚し、事態はますます悪い方向に進んでいくのです…。

©Karl Tapales/gettyimages©torwai/gettyimages

文・塚田牧夫