パリ・サンジェルマンでプレーするFWリオネル・メッシ【写真:AP】

写真拡大

第22節スタッド・ランスで4-0快勝、ユニフォームに中国語の名前をプリント

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)は、現地時間1月23日のリーグ・アン第22節でスタッド・ランスと対戦し、4-0と快勝した。

 この試合でPSGの選手たちが着用したユニフォームの中国名に注目が集まっている。

 試合は前半44分にMFマルコ・ヴェッラッティが先制ゴールを挙げると、後半17分にはコーナーキックのこぼれ球からDFセルヒオ・ラモスが追加点。その後、オウンゴールとMFダニーロ・ペレイラのダメ押し弾でPSGが4-0と勝利を収めている。

 アルゼンチンの放送局「Tyc Sports」は「メッシとPSGが中国語の名前でプレーした理由」と注目。PSGの選手たちが着用したユニフォームには中国語の名前がプリントされていた。

「梅西」=メッシ、「姆巴佩」=(キリアン・)ムバッペ、「拉莫斯」=ラモス、など中国語の名前が背面上部にあり、「中国投資家のサポートを受けたマーケティング活動のため、マウリシオ・ポチェッティーノが指揮するチームは中国語の名前が刻印されたユニフォームで現地に登場した」と伝えている。

 また「これは2月1日の中国の旧正月を祝うためのものだ。先祖を思い出し、祈ることを目的としている」と、中国・中華圏における旧暦の旧正月にちなんだものと紹介。見慣れない選手名に海外メディアも注目を寄せていた。(FOOTBALL ZONE編集部)