ツアーで使用されたのと同型式の271系(左)と「はるか」運転開始時から運行中の281系(右、写真:村上悠太)

最近増加している鉄道企業による「有料鉄道イベント」。参加費を徴収するかわりに、人数を限りなく絞った人気車両の撮影会や、普段は入れない箇所への見学ツアーなど、プレミアムな時間を提供する内容が続々と登場し、ちょっとしたブームになっている。

2021年11月、この流れにJR西日本も参戦した。乗車需要が著しく低下している関空特急「はるか」の新型車両を使用して団体ツアーを企画した。テストケースとなった11月実施回は予約開始と同時に申し込みが殺到し、1時間程度でほぼ完売。実施後のアンケートでも「次回以降参加したくない」との回答は0%を達成し、早々に2022年1月9日と2月12日にも同ツアーが追加設定された。

通常は営業運行しない「激レア」イベント

「将来にわたり、たくさん移動手段の選択肢の中に『鉄道』を残していただく。そのためには一人でも多く鉄道のファンになっていただくことが重要」と話すのは、この企画の中心人物となったJR西日本営業本部の宮里晶子氏だ。あらゆる世代の鉄道ファンを増やしたい、そんな思いから随所にファンサービスを盛り込んだ今回のツアーを企画した。

特急「はるか」については、国際空港へのアクセス特急というその性格から新型コロナ感染拡大の影響は深刻だ。定期設定されている列車の多数が利用需要低迷から運休を余儀なくされ、現在では12本のみが運行。さらに当時、年々増加するインバウンド需要に合わせて列車定員を増やすべく、所定の「はるか」に増結する新型車両「271系」を投入し、2020年3月に運行を開始したが、デビュー時にはすでに新型コロナが蔓延し、活躍の場は早々に失われた。

271系を含めすべての「はるか」の車体にはハローキティのラッピングがされており、国内外の利用者に人気を博しているが、せっかくの愛らしい姿も駅で見かけるチャンスは今は少ない。

そんな中、今回のツアーではこの新車同様の271系を2編成連結した6両編成で運行。271系単独で、かつ2編成連結しての営業運行は通常時では存在しない。271系デビュー以来初のイベントでまさに「激レア」だ。

運行ルートにもこだわった。今回は新大阪発天王寺行のツアーだがその乗車時間は実に約5時間40分。新大阪を発つと琵琶湖を車窓に見ながら東海道本線野洲へ。ここで網干総合車両所宮原支所野洲派出所と呼ばれる車両基地内にツアー参加者を乗せたまま入線し、基地内で折り返す。

その後、東海道本線、梅田貨物線、大阪環状線、阪和線と通常のはるか同様のルートで日根野へ。到着後は吹田総合車両所日根野支所へ入線。同基地内で折り返し、終点天王寺を目指すというJR西日本史上初となる営業列車での基地内運行を含んだルートを構成した。

このルート構成は「苦戦と調整の連続でした」(宮里氏)。中でも回送列車しか入線しない車両基地内に乗客を乗せたまま入線するには、関係各所の調整が不可欠だ。

特記すべきこととして、基地内の運転は通常回送列車専門のグループ職員が担当しているところを、今回は乗客がいるため旅客列車を運行する本線運転士が基地内の運転を担当。日根野支所については異常時に備えて、本線運転士が所内運転できるように訓練を行っていたが、さらに事前に線路の下見・訓練をして今回の運行に備えた。野洲派出所については野洲派出所を熟知する地元の草津列車区の指導者が本番運行時に添乗し、所内運転を行った。

至る所に「サプライズ」が

そして何より悩んだのが値段の設定だ。「両基地内入線体験などのプラスアルファについて、参考となる値段設定がまるでなかったので悩みました。最終的には体験ごとにどれくらいの満足度を提供できるかを考えて、それを足すようにして決定しました」と快活な答えが返ってきた。

今回のツアー料金は大人1万2800円(2人利用、1人参加の場合は2席利用となり1万4800円)、子ども1万0800円、1歳〜小学生未満の幼児は3000円に設定。仮に今回の運行コースを特急列車指定席で利用したとすると合計大人9020円となり、これに加えて昼食として用意されていた駅弁代1400円(ハローキティ版ひっぱりだこ飯(大人食))と記念品等の値段を引いた差額がツアーにおける体験への「値段」となる。この価格で参加者に「とっておき」が届けられるか。ここが勝負だ。

長い道中には至る所におもてなしとサプライズを用意した。野洲派出所では現場職員のお出迎えに、現在JR西日本がソフトバンクと共同開発している自動運転BRTが車内から見学できるように調整。日根野支所では現場職員の歓迎に加え、洗車機の通過体験と271系の運転台に入っての記念撮影タイムを設定した。

運転台については停車中での実施とはいえ、ツアー中の「生きた車両」で実施するため、安全運行に関わる機器については厳重に管理する必要がある。そこで、列車が日根野支所に入線したのち、重要スイッチ類にはカバーが取り付けられ、また、警笛などはスイッチを切ることで対応した。

そして11月23日のツアー当日、参加者を乗せた列車は一路野洲へ。車内ではJR西日本の在来線特急では姿を消したカートによる車内販売が実施され、山陽新幹線で運行中の「ハローキティ新幹線」グッズや、岡山エリアの観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」グッズ、アイスクリームなどを販売。かつての在来線特急にあったような賑わいも見られ、参加者がワゴンを呼び止める声が続く。

ところが、快走を続けていた271系がなぜか徐々に徐行を始めた。先行列車に遅れが発生しており、ツアー列車にも波及したのだ。

「まずいね、野洲の中、どこまで行けるかな」「手前までにしておこうか」。そんな声がスタッフから漏れ聞こえてきた。所定では野洲派出所の最も奥まで入線し、折り返す予定だったが、ツアー列車は10分少々の遅れで運行中。ツアー列車は臨時列車ゆえに遅れは定期列車に大きな影響を及ぼしかねない。そのため所内には入線するが、手前の電留線で折り返す検討がなされた。しかし、そのためには新たに関係各所との迅速な調整が必要なほか、BRTを見学するというサプライズが1つ達成できなくなる。

「折り返し時間を短縮することでいけますよね」「よし、行こう!奥まで行きます!!」と宮里氏は予定通り奥までの入線を決行。結果として、折り返し時間を若干短縮することで、無事にBRTを車内から見学しつつ、所定のダイヤで日根野支所を目指すことができた。

社員のモチベーション向上にもつながる

今回のツアーは安全面から途中下車はできない。そのため、参加者が車内で退屈しないよう、「おもてなし車掌」による車窓案内や客室内をまめに巡回し旅客サービスを実施した。


「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

加えて、日根野支所内では実際に271系をはじめ、所内で車両整備を担当する社員がツアー列車に乗り込んで、自らの職場を紹介。日根野支所は沿線の幼稚園などの個別見学は時折実施されていたが、今回のような規模のイベント開催は開所以来初となる。

「小さな子どもたちが私たちの現場を見学しているときの表情と、興味深々なまなざしが忘れられない。見学を受け入れるたびに自身の仕事に改めて誇りを持つ」と案内を担当した日根野支所泉谷浩貴氏が話す。宮里氏の思いはここにもあって、「コロナ禍以降、鉄道利用が低迷する中、こうしたファンイベントのようなツアーを行うことで社員のモチベーション向上につながれば」という狙いもあった。

運転台の安全対策が終わり、いよいよ運転台での記念撮影タイム。普段は決して入れない場所として子どもたちだけでなく、大人のツアー参加者の興奮も最高潮だ。

日根野支所内ではしばしの停車時間があったが、ここでもたくさんのサプライズが。特に参加者の注目を集めたのは隣に留置中の287系車両のある部分。「隣の車両をご覧ください、普段はくろしお号で運行中の287系では決して見られない行先が表示されています」と放送が流れると、参加者の視線が一斉に横を向いた。乗務員がサプライズで列車名や行先を表示する行先表示器を操作し、普段では使用されていない組み合わせや駅名が表示されていたのだ。

これに夢中になったある男の子は「もっと見たい!」と直接スタッフに勇気のリクエスト。すると、乗務員が「ちょっと待っててね!」とすぐに隣の列車に移動して、リクエストに応えるファンサービス。こうしたシーンはツアーならではだろう。

最後も抜かりない「おもてなし」

最後の天王寺到着でも抜かりなくおもてなしが。普段は「はるか」が発着しない、阪和線専用の1番ホームに入線し、回送までじっくりと時間を設けることで、下車後のツアー参加者が最後の記念写真などをゆっくりと楽しめるように工夫がされた。このホームは一般にも開放されていたので、普段は見られない特別な光景に参加者以外もカメラを向けていた。

そんな中、非常に気になったのがホーム上を我先にと走り回る一部の鉄道ファンの危険な姿だ。珍しい光景に気持ちが逸るのはわかるが、目の前の列車が、このツアーが、どのようなものだったのか鉄道ファンなら知らないはずはない。旅のエピローグにふさわしい雰囲気を壊さないのも鉄道ファンであるなら積極的に配慮したい。

「鉄道をもっと魅力あるものに。そして、鉄道ファンを増やしたい」。その思いから発足した今回のツアー。この取り組みはきっと、鉄道に関わるすべての人々とって、大きな可能性とともに、次なる「鉄道と社会スタイル」につながっていくだろう。