清水エスパルスは23日、トップチーム選手3名がPCR検査を受けた結果、陽性判定となったことを発表した。当該選手は、適切な対策のもとで療養中。24日に予定していたグラウンドでのトレーニングは中止となった。

 クラブ公式サイトによると、22日夜に選手1名が発熱やのどの痛みを訴え、23日にPCR検査を実施し、陽性を確認。さらに同23日に全選手、スタッフが検査を行った結果、さらに2選手の陽性判定を確認したという。

 クラブは「これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策を継続して実施し、選手、スタッフ、関係者全員にあらためて感染症防止策の周知、徹底を図ってまいります」と伝えている。