(写真:アフロ)

写真拡大

1月14日に引退会見を開いた体操の内村航平(33)。

30年間にわたる現役生活ではオリンピック4大会に連続出場し、世界選手権とあわせて13個の金メダルを獲得するなど“絶対王者”として数々の功績を残してきた。

体操選手としての“引退試合”を3月12日に控えているが、プライベートでは妻の千穂さんと離婚の危機に瀕しているというのだ。

1月19日に配信された「文春オンライン」の記事によれば、千穂さんが食事を用意しているにも関わらず、「ウーバーイーツを注文した」と告げたこともあったという内村。モラハラと感じられる扱いを受けた千穂さんは精神的に追い込まれ、体重も33キロ台にまで激減してしまったと報じられている。

さらに内村は昨年11月、一方的にLINEで離婚と別居の意思を千穂さんに伝え、家族が不在の間に荷物をまとめて出て行ってしまったというのだ。千穂さんは「週刊文春」の取材に「離婚の話は出ています」と認めた一方で、現在の内村の所在は不明だと語っている。

内村と千穂さんは’12年11月に結婚。’13年4月に長女が生まれ、’15年3月には次女が生まれた。内村がトップアスリートとして活躍し続ける一方で、家族団らんの機会は少なかったという。

「千穂さんは日本体育大学大体操部の1学年後輩です。ただ交際時は、内村選手がすでに大会で活躍していたため、デートもほとんどしなかったそうです。千穂さんは’16年に出演したテレビ番組で、『2人で出かけたのは1度だけ』と上野動物園に行った思い出を語っていました。

結婚後も内村選手は体操に打ち込むため、千穂さんに『一緒に出かけるのは引退するまで待ってほしい』と伝えていたといいます。家庭や育児は千穂さんがほとんど担っていましたが、約束した“家族団らん”は実現しなかったようですね……」(テレビ局関係者)

結婚前から“亭主関白”ぶりが伺えた内村。彼のマネジメント事務所は「週刊文春」の取材に回答しなかったというが、報道の内容が事実であれば「家族が可哀想」とネット上では同情の声が寄せられている。

《なんかこれ事実ならショックだな…奥さんと子供の顔見てると泣ける 心が痛まないのかな》
《格好良く引退会見してたけどね。離婚したいなら、父親としての責任をとってちゃんとしないとですね》
《奥さんと子供が不憫でならない》
《内村航平さん。。信じられません 愛妻家で子煩悩な人かと思ってました》

引退会見時、記者から「今一番感謝を伝えたい方は?」と問われ、「やっぱりコーチの佐藤です」と答えていた内村。妻や娘たちに触れることはなかったが、すでに気持ちが離れていたのだろうか。