「LCD-CF162XAB-M」株式会社アイ・オー・データ機器は、2022年2月中旬に、15.6型モバイルディスプレイ「LCD-CF162XAB-M」を発売する。外出先やテレワークの現場など、どこでも簡単にマルチディスプレイ環境を構築できる新製品。USB Type-C接続とHDMI(ミニ)接続に対応し、Type-C接続であればケーブル1本で映像出力と給電をまかなえる。価格はオープン。本製品は、非光沢タイプのAHVA(Advanced Hyper-Viewing Angle)パネルを採用。表示解像度は最大1,920×1,080pixels、標準輝度は300cd/?、コントラスト比は1,000:1(CREXレベル2設定時で59,200:1)、応答速度(GtoG)は25ms(オーバードライブレベル2設定時で5ms)、最大リフレッシュレートは60Hzで、水平/垂直ともに178°の視野角が実現されている。本体には、0.5W+0.5Wのステレオスピーカーも実装。PS5/PS4/PS4 ProやNintendo Switchをはじめ、各種のゲーム機でも動作確認済みのモデルとされている。チルト角は最大62°、45°での設置時のゴム足を含む本体サイズは約355(幅)×161(高さ)×167(奥行)mmで、重量は約700g。折りたたみ時の高さは14mmとなり、最薄部は約7mmの設計であるため、容易に持ち運びやすいモデルに仕上げられている。製品には1.5mのHDMIケーブル、1.5mのUSB Type-Cケーブル、ACアダプタ、キャリングケースが付属。
株式会社アイ・オー・データ機器
価格:オープン
URL:https://www.iodata.jp/
2022/01/19