昨年の11月25日、稀代の英雄ディエゴ・アルマンド・マラドーナの一周忌には、世界各地で彼を偲ぶミサや功績を称えるイベントが行なわれ、母国アルゼンチンでは、サッカー協会の本部ビルの名称にマラドーナの名を冠することが発表された。

 それからわずか一カ月あまりあとの12月28日、ディエゴと9歳違いの末弟ウーゴ・マラドーナがナポリの自宅で心臓発作により急逝した。52歳の若さだった。2016年に結婚し、亡くなる直前まで、いつものように下部リーグのチームを指導していた。現役引退後から体重が増加。両親と兄ディエゴも苦しんだ肥満と心臓疾患は、ウーゴにも引き継がれてしまったようだ。 

 ディエゴと同じく、アルヘンティノス・ジュニオールスでデビューし、ナポリへ移籍したウーゴだが、選手として大成はせず、いくつかのクラブを渡り歩いた後の1992年、当時東海リーグ所属だったPJMフューチャーズ(現サガン鳥栖)と契約し、日本の地を踏んだ。

 Jリーグ入りを目指していたフューチャーズはディエゴの獲得を目指しており、その布石としてウーゴを獲得したと言われている。その後、福岡ブルックス(現アビスパ福岡)を経て、98年までコンサドーレ札幌でプレーし、両クラブのJリーグ昇格に貢献。15年間の選手生活で、最も長く充実したシーズンを過ごしたのは日本だった。偉大な兄と比較され、ディエゴが何か起こすたびにコメントを求められてきたが、「兄は兄、自分は自分」というスタンスを貫き通した。


昨年12月にはマラドーナを追悼して古巣バルセロナ対ボカ・ジュニオールスの一戦が行なわれた

 弟よりも先に鬼籍に入ったお騒がせ男のディエゴ・マラドーナ。虎は死んでも皮を残すと言うが、ディエゴは死んでもスキャンダルを残している。

 いったい彼はどれほどの財産を残し、それを受け取れるのが誰なのかがいまだに判然としない。選手、監督としての報酬、スポンサーとの契約金、肖像権、キャラクター使用料など、生涯の総収入は5億ドル(約550億円)以上と言われている。しかし、スイス、ドバイ、ベラルーシ、メキシコ、イタリア、アルゼンチンに保有している銀行口座の残高合計は約600万ドル(約6億6000万円)。大金ではあるが、5億ドルをベースに考えると少ないように感じる。

【莫大な遺産か、それとも借金か】

 ディエゴは生前、顧問弁護士のマティアス・モルラに資産運用を任せていた。口座残高よりはるかに多い資産の運用は主にブラックマーケットで行なわれているため、ディエゴの名前は出てこない。遺族はモルラに対し、横領や着服の疑いをかけている。

 動産、不動産も数カ国で保有しており、ロールスロイス、フェラーリなどの高級車数台、ブエノスアイレスの豪邸、マイアミの別荘、ダイヤの指輪、コナミがサッカーゲームで支払う肖像権料などの額もかなりのものとなる。これらを現金化して遺産額を明らかにするため、昨年末、裁判所主導でこれらの一部を出品するオークションが企画されたが、準備期間が短く応募者不足で、後日、あらためて開催されることとなった。

 遺産にはプラスのものもあればマイナスのものもある。

 ディエゴはナポリ在籍時代に多額の脱税で起訴された裁判の結果、2600万ユーロ(約32億円)の支払い命令を受けている。しかし、彼は脱税そのものを真っ向から否定しており督促も完全に無視していた。イタリアに行くと空港で一時拘束されることもあったが、指輪や腕時計を差し押さえられる程度で済んでいた。だがイタリアの当局は、今回の相続を機に、しっかりと全額を回収すると表明している。もし遺産総額がこの負債額を下回れば、相続人は借金を引き継ぐことになってしまうのだ。

 さらに問題なのは、誰が相続人になるかだ。ディエゴには、2003年に離婚するまで20年間連れ添った前妻クラウディア・ビジャファニェとの間に、ダルマ(34歳)とジャニンナ(32歳)という娘ふたりをもうけている。ジャニンナは、先ごろ引退した元アルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロと03年に結婚し13年に別れるが、ディエゴとアグエロというサッカーの最強遺伝子を持つベンハミンを出産している。

 ディエゴが頑なに否定しながら、裁判の末に認知したのがディエゴ・ジュニア(35歳)とハナ(25歳)だ。ディエゴ・ジュニアはナポリ時代の不倫相手との息子で、長女ダルマより年上。つまりディエゴの第一子ということになる。ハナは別の女性との間の娘で、2014年に認知された。認知後はそれまでの拒絶反応が嘘のように良好な親子関係となり、母親の違うジュニアとハナも兄妹のように仲がいい。だが、元正妻との間の娘であるダルマとジャニンナは彼らを嫌悪しており、ハナとはしばしばバトルを繰り広げている

【どうなる? 相続争いの行方】

 13年には恋人のベロニカ・オヘダとの間にディエゴ・フェルナンド(7歳)が誕生。両親が離婚した後のことなので、ダルマとジャニンナもこの子を弟として受け入れている。それはジュニアとハナも同様で、母親であるベロニカとの仲も親密だ。遺産相続で兄弟が争うのはよく聞く話だが、マラドーナ家では正妻との子二人対愛人の子二人がはっきり対立し、多数決となれば末っ子がキャスティングボードを握っているという構図だ。

 ディエゴは生前、ユーチューブで、「遺産は全額寄付する。娘たちには生前贈与してあるので、一切渡さない」と語っている。このビデオは残っているが、はたして正式な遺言として認められるのか。サービストークの軽口ともとれる。また正式な遺言だとしても、アルゼンチンの法律では、相続人の同意がなければ被相続人は遺産の3分の1しか自由にできない。つまり、3分の2は相続人に渡るのだ。ただし、「娘たち(ダルマとジャニンナ)には生前贈与してある」との言葉は重い。ジュニアとハナの愛人派は、「我々は生前贈与されていない」と、多めの分配を求めて裁判に持ち込めるからだ。

 話はまだ終わらない。ディエゴは薬物依存症の治療で2000年から4年間、キューバに滞在。そこでも子供を作り、19年に本人が「3人を認知している」と語ったそうだ。またアルゼンチンでも、マガリ・ヒル(24歳)とサンティアゴ・ララ(20歳)が「自分はディエゴの子」だと訴え、DNA検査を求めている。もし彼らも子供と認められれば、相続人は11人となり、サッカーチームができてしまう。

 いかにもマラドーナらしいが、「いや、ディエゴといえば10だ。誰かひとりは認められないほうがいい」などと、野次馬たちはこの騒動を楽しんでいる。