巨人が「ファンの皆さまとチームとの接触に関するお願い」を発表

写真拡大

今季もサイン等のファンサービスを控えざるを得ない状況

 巨人は17日、球団ホームページ上に「ファンの皆さまとチームとの接触に関するお願い」と題する文章を発表。「チームは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、チーム関係者以外の方々との接触を極力減らしております」としており、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、今季も1、2軍ともに球場近辺や移動中のサイン、握手などのファンサービスを控えざるを得ないという内容だ。

 また、駅や空港、宿泊施設で「チームの到着や出発を待つことも、他の施設利用者にご迷惑が及びます。出入りする選手らへの接近も含め、お控えいただくようにお願いいたします」としており、ファンの側にも“出待ち”は控えてほしいとしている

 17日にはソフトバンクの柳田悠岐外野手、松田宣浩内野手らが自主トレ先で新型コロナウイルスに感染したと発表された。一緒にトレーニングしていた日本ハムの清宮幸太郎内野手、DeNAの宮崎敏郎内野手らも感染が判明している。球界に再び広がるウイルスの猛威。無事にシーズンを迎えるために、球団も可能な限りの対策を施していく。(Full-Count編集部)