s中央気象局提供

写真拡大

(台北中央社)16日午後4時15分ごろ、台湾東部海域を震源とするマグニチュード(M)5.5の地震があった。中央気象局によると、震源の深さは55.4キロ。東部・花蓮県、台東県、北東部・宜蘭県、中部・南投県で最大震度3を観測したほか、台湾本島の広範囲で揺れを感じた。

各県市の最大震度は次の通り。震度3=花蓮県、宜蘭県、南投県、台東県▽震度2=台中市、桃園市、新北市、台北市、新竹県、苗栗県、新竹市、嘉義県、雲林県、彰化県、嘉義市▽震度1=基隆市、高雄市、台南市、屏東県、連江県。

(編集:荘麗玲)