高速道路ETC専用化がいよいよ2022年春から始動します。一気に34か所の入口をETC専用にする首都高がその先陣を切る形ですが、現金車はどうなるのでしょうか。

一気に進む首都高の「ETC専用化」

 首都高速道路は2022年1月12日(水)、前田信弘社長の定例会見を開催、春に実施される一部の入口の「ETC専用化」について説明しました。


首都高のETC専用化を伝えるポスター(中島洋平撮影)。

 2020年に国が打ち出した高速道路のETC専用化ロードマップに基づく施策で、首都高では2022年3月1日に5か所、4月1日に29か所、既存の入口がETC専用になります。1月12日には、首都高のウェブサイトでETC専用化を伝える特設ページも開設されました。

 すでにETC専用となっている馬場入口(K7横浜北線)を加えると35か所。NEXCO東日本、NEXCO中日本も同時期に一部のICをETC専用としますが、数のうえでは、首都高がその先陣を切っていく形です。

 新たにETC専用となる34か所の入口は、次の通り。なお★は3月1日からの5か所、それ以外は4月1日からETC専用となります。

●C1都心環状線
・霞が関(内)
・霞が関(外)
・代官町(内)

●1号羽田線
・空港西(上)

●4号新宿線
・新宿(上)
・初台(下)
・幡ヶ谷(上)

●5号池袋線
・一ツ橋(下)★
・護国寺(上)

●6号向島線・三郷線
・浜町(上下)
・加平〈南〉(上下)
・加平〈北〉(上下)

●9号深川線
・木場(上)

●10号晴海線
・晴海(下)★

●C2中央環状線
・清新町(内)
・四つ木(内)
・四つ木(外)
・王子北(外)
・滝野川(内)★
・高松(外)
・初台南(内)
・富ヶ谷(外)
・中環大井南(外)

●S1川口線
・加賀(上)
・安行(上)★

●S2埼玉新都心線
・さいたま見沼(上)

●S5埼玉大宮線
・浦和南(上)★

●K1横羽線
・横浜駅東口(下)

●K3狩場線
・新山下(上)
・新山下(下)

●湾岸線
・新木場(西)
・新木場(東)
・大井(東)
・磯子(東)

現金車「霞が関から渋谷まで迂回」強いられる場合も

 前田信弘社長によると、これら入口は「ETC利用率が高く、代替の入口が近いところ」を選んだといいます。一気に切り替えずに、まず3月に5か所で先行して、運用状況から必要な対応を検討するとのこと。

 しかし、なかには代替の入口が大きく離れるケースも。たとえばC1の霞が関から3号渋谷線の下り方面へ向かう場合、現金車は「渋谷入口」まで迂回して利用するよう呼び掛けられています。

 なお、ETC専用となる入口の料金所では、既存の「一般」レーンまたは「ETC/一般」レーンが、「サポート」「ETC/サポート」レーンに変わります。これは“誤進入”した現金車に対応するため。ただし、首都高のサポートレーンで現金は一切使用できず、後払い精算について案内するそうです。基本的に、ETC専用となる入口は「現金車は利用できない」とされています。


サポートレーンについても案内されている(中島洋平撮影)。

 首都高のETC利用率は、全車平均で96.8%(2021年11月)に上っており、ETC専用化の推進は、この高いETC利用率を踏まえた措置です。4月1日から首都高の現金利用は、区間によらず普通車で1320円から1950円まで値上げされ、ますます現金利用が不利になります。

 ただ、車種区分のなかでも「軽・二輪」はETC利用率が90.2%とやや低く、特に二輪車のETC普及率が四輪より低いことが伺えます。首都高をはじめ道路各社は、ETC車載器の助成キャンペーンも展開し、普及拡大に努める構えです。

 首都高では今後、2025年度までに179ある料金所のうち9割を、2030年度頃には全ての料金所をETC専用にする予定です。これにより、道路状況に応じて機動的に変化する料金設定による混雑緩和、料金所収受員の人材確保が困難になるなかでの機能維持、感染症リスクの低減、などが図れるとしています。