【生年月日占い】幸せを掴むベストタイミングは?《2022年1月〜2月の恋模様》

写真拡大


何事も実行するタイミングが想像以上に大切になります。人間関係の中でも“恋愛関係”はとても深く濃密なものだからこそ、誰もが願う幸せを掴むために“運勢の流れ”を意識してみませんか? それでは、あなたの生年月日から導かれる《2022年1月〜2月の恋模様》を「YUKI's風水」の野口由起子がお届けします。

🌼あなたの生年月日から導かれる“タイプ”を判別する方法

Lacmoi(ラックモア)


1月はまだ現状維持のとき。何かを決断したり環境や関係を変えるのなら運気が動き出す2月にしましょう。婚活やパートナー探しもぜひ2月にしてください。不毛な腐れ縁を断ち切りたい場合のみ1月にすっきりしておくとよいでしょう。

Slivenue(スリヴェニュー)


1月、2月ともに運気は弱く現状維持のとき。関係や環境を変えたくなっても新しいことに期待できるときではありません。どんな状況であれ否定的なことではなくどんな小さなことでもポジティブなことに目を向けていきましょう。

Salasvan(サラスヴァン)


1月、2月ともに運気は弱く現状維持に徹するときです。年運も弱いのであなたの忍耐力が試されるときです。特に1月は見間違いや勘違いをしやすいときです。感情に振り回されて失望したり投げやりにならずに冷静にいきましょう。

Bloomie(ブルーミー)


弱い年運なので1月、2月ともに受け身を意識していきましょう。特に2月は運気が弱く今までのように期待すると背かれやすいとき。運気が停滞しているので思い通りに事が運ばなくてもそのようなときと謙虚に受け止めましょう。

Ganarbien(ガナービアン)


1月、2月ともに順調なとき。今の状況を変えたいなら実行するチャンスです。運気の後押しのある今のうちにあなたの願いを叶えるべく行動しましょう。婚活も良し。あなたの望んでいることは何かを今一度考えてみてください。

Palansophie(パランソフィー)


1月、2月ともに順調なときです。特に1月は再会運の強まるときなので忘れられない人に再びアプローチするチャンスです。パートナー探しも全く新しい出会いを求めるよりも過去に出会った人に連絡してみるとよいでしょう。

Aulavignon(オーラヴィニョン)


1月は気持ちが浮つきがちなとき。浮気心には要注意です。たとえ今の状況に不満があっても一時の感情に流されることはおススメできません。1月は現状維持で、何かを決めたり動いたりするのは2月にするとよいでしょう。

Parvie(パルヴィー)


受け身の年運を考慮して1月、2月ともに現状維持がよいでしょう。特に2月は地に足のつきにくいときです。そのようなときに悩むことの結論を急がないで。悩みにフォーカスしたり相手を責めたりせずに冷静にときを待ちましょう。

Surlouis(サールイ)


1月は弱い運気のとき。自ら動けばトラブルごとを招きやすいときです。ネガティブなことにフォーカスしないで前向きにいきましょう。一転、2月はとても強い運気のときです。願いを叶えるべく思い切って行動しましょう。

Devality(ディヴァリティ)


弱い年運を考慮して1月、2月ともに現状維持に徹しましょう。特に2月は行動を起こせばトラブルごとを引き寄せかねない運気です。何があっても関係や環境を変えないほうがよいでしょう。謙虚な気持ちでいきましょう。

Deviage(デヴィアージュ)


1月、2月ともに運気のサポートがあり順調なとき。特に2月は決断ごとに強い運気の後押しがあり入籍するのにもおススメできるときです。結婚は入籍するタイミングが重要となりますのでこのチャンスをぜひ掴んでください。

Hanuexy(ハヌークシィ)


1月、2月ともに運気は強く上昇気流のとき。パートナー探しも新しい出会いを求めて積極的に行動していきましょう。新しい風が吹いている今がチャンス。すでにパートナーのいる方はお互いの理解を深める時間としてください。

あなたの恋模様はいかがでしたか? バイオリズムや物事の相性を意識することでよりあなたらしく輝けます。運を味方に幸せを掴んでくださいね。<占い:「YUKI's風水」野口由起子>