海のそばに住んでいるので暇なときはよく釣りに行きます。バイク移動なので荷物をたくさん運べず、最小限の仕掛けしか持ちあるきません。人が多いところが苦手なので、藪漕ぎしてでも釣り人のいないところを探します。

似たような志向を持つアングラーなら、きっとこの良さを分かってもらえる釣り特化型デニム「Fisherman's Denim Workpants(フィッシャーマンズデニムワークパンツ)」がクラウドファンディングサイトmachi-yaに登場しました。

容量の大きなポケットがたくさん

Image: Bywater

釣り場では最低限、はさみ、針外し、ランガンケースはすぐ取り出せるよう身に着けておきたいし、たも網も絶対必要です。でも、釣りバッグやリュックを背負ったままでは身動きがとりづらい。全部を服のポケットにしまえたら楽ちんなのに、とずっと思っていました。

そんな願いを叶えてくれそうなのがこの「Fisherman's Denim Workpants」。ペインターパンツをベースにしているため、比較的ゆったりしたデザインにポケットがたくさん。上に挙げた釣り道具はすべてこのデニムに収容して釣り場に向かうことができます。

Image: Bywater

丈夫で撥水加工された生地

Image: Bywater

海釣りがメインなので、波しぶきをかぶるのは日常茶飯事です。だから、釣り用の衣服を選ぶときは、夏には速乾性、その他の時期には撥水性を重視して選んでいます。一度防水パンツも使ってみたのですが、少し動いただけで蒸れて不快になるのでやめました。その点、このデニムは蓮の葉のような撥水性がありながら通気性も保証されているとのことで、期待大です。

あとは、生地が丈夫であることも大事な要素。釣り場を求めて藪漕ぎしても、めったなことでは破れないデニムは理想的と言えるでしょう。以前、ポケットがたくさんあるからと格安衣料メーカーのカーペンターパンツ風のものを買ってみたのですが、1日で破れて大変な目に遭いました。アウトドアで使う服はとにかく丈夫であることが必須条件ですよね。

Image: Bywater

膝の補強とずり落ちないベルト仕様

Image: Bywater

もう1つこのパンツが気に入ったのは、ウエストゴム仕様ではないところ。ポケットにたくさんものを入れて履いていると、ウエストゴムはあっという間に伸びて使いものにならなくなります。その点、最初からウェビングベルトでサイズ調節できるように作ってあるこの釣り特化型デニムなら安心です。

さらには、餌の付け替え、仕掛けの変更などでよく行う「膝をつく動作」の際に、膝をケガから守るクッションスペースもついているというのだからありがたい。たしかに、岩場で作業した後に立ち上がると膝を貝殻で切っていたりすることがよくあるんですよね。

釣り以外のアウトドアにはもちろん、普段の街歩きにもよくなじむ洗練されたデザインと上質に仕立てられたシルエットはファッションアイテムとしてもオシャレに着こなせそうです。

Image: Bywater

アウトドアでもタウンユースでも大活躍してくれそうなこちらの「Fisherman's Denim Workpants」は2タイプから選択可能。

ペインターパンツの「起源」を思わせるKIGENと、5ポケット風に「オレンジ」と「イエロー」のステッチを配し、遊びゴコロが感じられるKAKUSHI、お好みに合わせてお選びください。サイズはS〜XLまでご用意しています。

いずれのサイズも一般小売価格22,000円のところ10%OFFの19,800円( 税込・送料無料 )から支援が可能。

数に限りがあるので気になる方はお早めに。詳細は以下のサイトからチェックしてみてください!

「釣りで履きたい」水を弾く丈夫なコーデュラ(R)デニムの釣り特化型デニムパンツ

10%OFF 19,800円〜

machi-yaでチェックする

>> 「釣りで履きたい」水を弾く丈夫なコーデュラ(R)デニムの釣り特化型デニムパンツ

Image: Bywater

Source: machi-ya