いま私のデスクには、こんなものが乗っています。

ノートPC1台、紅茶の入ったカップ、ノートとペン、スマホ(サイレントモードで、画面を下にした状態です)、充電が必要な自転車用ライト2つ、そして観葉植物のポトス。

スマホをサイレントモードにして下向きに置いておくのは、我ながら良い心がけだと思います。でも、もっというなら、デスクの上ではなく引き出しにしまっておくのがベターでしょう。

自転車のライトも同じですね。まあ、デスクに置いておくことで、充電しなきゃという自分へのリマインドにはなっているのですが。

(ええ、そんなこと言っている間に充電すればいいんですよね。それはわかってます。でも、この記事を書くのを中断したくないんです。ライトを手に取って、デスクからUSB充電器を引っ張り出して、それを挿すだけなら、ものの30秒しかかからないと思います。でも、それをはじめてしまうと、スマホをひっくり返してメールや着信を確認したくなってしまい、さらにはSlackもチェックしてしまいそうで…)

デスクのアイテムは限定すべき

生産性のコーチであるAlexis Haselberger氏は、Fast Companyのインタビューにおいて、デスクの整理について語っています。

デスクの上は、下記のアイテムに限定すべきとHaselberger氏はいいます。

PC、キーボード、マウス「アナログな人」は紙とペン

思いついたことをメモしたり、進行中のプロジェクトについてあれこれ考えるために。

飲み物ホチキス、テープ、ハサミ

定期的に使うツールで、すぐに手が届く場所に置いておかないと時間の無駄になるもの。

ここでの基本的なコンセプトは、「今やっているタスクに直接関係ないものは、目に見えるところに置かない」こと。スマホは引き出しに。ハサミが必要な仕事でなければ、ハサミも引き出しに。

一方で、ある研究によると「仕事がデキる人」ほど子どもの写真をデスクに置いている確率が高いそう。愛する人を思い起こさせるようなものは、目に見えるところにあってもよさそうです。

ただし、あまり目立たせすぎないように。

飲み物は3つ?

The Atlanticにも、興味深い記事がありました。デスクには飲み物を3つ置いておくべき、という内容です。

1つ目は水、2つ目はカフェイン源。そして、3つ目は楽しい飲み物。ジュースや炭酸飲料のほか、許されるオフィスなら、金曜日の午後にはワインもいいでしょう。

楽しめるなら、昆布茶でも構いません。3つ目の飲み物は、あなたにとっての「万能薬」。決して楽しくはない時間帯に、ささやかな喜びをプラスするためのひと工夫なのです。

残念ながら私のデスクには、3つも飲み物を置いておくほどのスペースがありません。

でも、観葉植物を置いているのは上記と同じ理由です。そして、デスク前の壁には友達や家族からのポストカード、いろいろな思い出の品々を貼っています。

それを見るだけでハッピーになれるし、集中したいときには見なければいいだけなので、置いておかない理由はありません。

今、あなたのデスクには何がありますか? そこにあるのはなぜですか? もっといい場所はありませんか?

Fast Companyのアドバイスに従って、不要なものは全部目に見えないところに置くのもよし、The Atlanticに倣って、退屈な日常にちょっとした喜びをプラスするのもよし。

いろいろ試して、あなたに合った方法を見つけてください。

ーー2019年9月2日の記事を編集のうえ、再掲しています。

Anker Soundcore Life P3(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0)
2,880
Amazonで見る

Source: Fast Company, The Atlantic