寒〜い冬、おうちでゆっくり好きなドラマやアニメを観る時間は癒しのひと時。去年もさまざまなコミックを映像化した話題作・人気作が放映されましたが、2022年も注目の作品が盛りだくさんのようです。

株式会社BookLiveは、ブックライブの会員2,938名から寄せられた「2022年冬のメディア化作品注目度」のアンケート結果を発表。みんなの注目作品1位に選ばれたのは!?

2022年 冬のメディア化注目度ランキング

第3位 ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜

戸田恵梨香さんと永野芽郁さんのW主演によるドラマが話題になった『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』が、今度は2022年冬にアニメ化されることで期待の声を集め、3位にランクイン!
ワケあって交番に飛ばされた元エース刑事・藤部長と、安定収入を求めて警察官になった天然新人・川合の女性ふたりを軸に、交番に勤務する警察官を描いた物語。作者の泰三子先生は、もともと県警に勤務していた元警察官なのだそう。
ドラマに続いてアニメにも期待しているという声が寄せられていました。アニメ放送は2022年1月5日に開始予定です。

・マンガ全巻持ってます。ドラマも良かったのでアニメも期待してます
・ギャグ要素の中にシリアスな感じもちょうど良く入っていて、主人公を見守り応援したくなる!
・ギャグも非常に面白いのですが、後々起こる事件への伏線が何気なく、上手く組み込まれているのでついつい何度も読み返してしまう作品です

©泰三子/講談社

第2位 進撃の巨人

2021年春に完結した『進撃の巨人』が2位にランクイン。「巨人が人を食う」というショッキングな物語ですが、謎が謎を呼ぶストーリーが多くの読者の心をつかみ、熱狂的なファンを多く生み出しています。2021年4月に本誌連載が終了したときには、作品を讃える声でSNSが盛り上がりました。
アンケートでは、原作を読んだうえでアニメを楽しみにしているという読者の声が多数ありました。アニメ放送は2022年1月9日に開始予定です。

・こんなによくできた魅力的な作品はなかなかありません。結末は知っていますが、アニメでどう描かれるのか非常に楽しみです!
・数々の散りばめられた伏線が最後で回収される衝撃が忘れられないです
・原作も好きですが、アニメのスピード感とクオリティがとても好きです。原作が終わって寂しい中、アニメもこれで終わるのかと思うと…

(※画像は最終巻である34巻の表紙です。)
©諫山創/講談社

第1位 ミステリと言う勿れ

1位に選ばれたのは…『ミステリと言う勿れ』! ファンタジー長編『7SEEDS』で知られる田村由美先生による、現代を舞台とした物語です。
主人公はボリューミーな天然パーマが特徴的で頭脳明晰な大学生・久能 整(くのう ととのう)。彼が周囲で起こる不思議な事件を、一見事件とは何の関係もない出来事から話題を広げて語り出すうちに、いつの間にか事件解決へ導いていくという会話劇です。ドラマの初回放送は2022年1月10日予定、菅田将暉さんが主人公・整を演じます。

・原作が大好きです。くせ者の整くんを、人気実力を兼ね備えている菅田将暉さんがどう演じるか楽しみ!
・原作マンガがかなり面白いので期待している。何気ない日常と思っていることも整君のセリフ一つでハッとさせられ考える事が多い
・田村由美先生の作品は初期から全部読んでいます。この作品のすごさは、普段ちょっとだけ疑問に思っていることを、明確に言葉にして人に伝えられることだと思います

©田村由美/小学館

上位3位の作品を含む、トップ10は以下の通りです。

2022年冬(1月〜3月)に放送・公開になるメディア化作品の中から、あなたが注目している作品を教えてください(最大3つまで回答可)

気になる作品、すでにコミックでハマっている!という作品はランクインしていましたか? おこもりの冬、のんびりマンガを読んだり、映像作品を観るときの参考にしてくださいね!

【参考】※ 総合電子書籍ストア「ブックライブ」
【調査概要】
調査タイトル :冬の映像化作品 注目度アンケート
※ブックライブで配信中の原作のある作品を対象としています
調査方法:ブックライブ会員に対してアンケートメールを送付。フォームより回答
有効回答数:2,938名
調査時期:2021年11月26日〜11月28日