ドラッグ&ドロップは、実質的にすべてのデバイスで使える基本機能です。ただ、iPhoneでは、iOS 15になるまでホーム画面と特定のアプリ内でしか使えませんでした。

iOS 15のリリースから、AppleはiPhoneのアプリからアプリへと、テキスト、ファイル、画像、ドキュメントをドラッグ&ドロップができるようにしています。

今回は、その使い方を詳しく見ていきましょう。

ドラッグ&ドロップとは何か?

ドラッグ&ドロップとは、あるオブジェクトを選択し、それを動かし(ドラッグし)、別の場所に置く(ドロップする)ことができるアクションです。

iPhoneでこの機能を使うと、そのアイテムを移動させるのではなく、複製することになるので注意してください。

iPadでは2017年からドラッグ&ドロップが使えますが、iPhoneでは2021年のiOS 15のリリースでやっと使えるようになりました。つまり、この機能を使いたいiPhoneユーザーは、まずiOS 15にアップデートしなければなりません。

iPhoneでのドラッグ&ドロップの使い方

この機能は、ファイルやテキスト、画像などをアプリから別のアプリへとドラッグ&ドロップすることができます。

色々と試してみたところ、「メモ」「メール」「メッセージ」「ファイル」「ブック」「写真」「Safari」などのビルトインのアプリ間で使えます。

また、「Facebook」や「Slack」「Viber」などサードパーティのアプリでも、テキストのドラッグ&ドロップが簡単にできました。

この機能を使うには、一度に2本指を使う必要があります。使い方は以下の通りです。

移動させたいものがあるアプリを開く。移動させたいものをタップして長押しし、画面から指を離さないように気をつけながら動かす。テキストの場合は、移動させたいテキストがグレーのかたまりになるまで長押しする。指を離さずに、アプリをスワイプアウトし、別のアプリに移動する。ドラッグしているものの右上に緑のプラス(+)サインが表示されるまで離さないようにする。別のアプリや移動させたい場所にドロップする。

いくつかまとめてドラッグ&ドロップしたい場合は、ひとつのものを長押ししてドラッグする準備ができてから、別のものをタップします。

このようにまとめて選択したものは、重ねて表示され、選択している数が右上に表示されます。

ポイント:おすすめの本を共有したい場合は、「ブック」のeBookをドラッグすると、テキストフィールドには本のタイトルと著者名が共有されます。

コピー&ペーストよりはるかに簡単

ドラッグ&ドロップは、長年ほぼすべてのデバイスで多用されている機能で、iPhoneもやっと追いつきました。

ドラッグ&ドロップ機能を使えば、アプリ間を行ったり来たりしながら何度もタップする手間が省けます。

行動が結果を変える ハック大学式 最強の仕事術
1,199
Amazonで見る

Source: iDeviceHelp

Original Article: Did You Know iOS 15 Lets You Drag and Drop Files on Your iPhone? by MakeUseOf