2021年現在、日本最北の新幹線駅「新函館北斗駅」。その駅前に設置されたオブジェが、ツイッターで注目を集めている。

これは北海道南西部......いわゆる「道南」を盛り上げる活動をしているツイッターユーザーの「ゆっくり道南」さんが12月2日

「新函館北斗駅に
やばいのいた」

とつぶやきながら投稿した画像。

つぶつぶとした腹が虹色に光る謎のキャラクターが、片手をあげてこちらを見ている。これは確かに、やばい......。

Jタウンネット記者が7日、投稿者の「ゆっくり道南」さんに聞いたところ、この写真を撮影したのは2日の21時ごろ。

これはいったい、何なのだろう――?

正体は北斗市の宣伝隊長

このキャラクターは、北斗市公式キャラクターの「ずーしーほっきー」。

北斗市の特産品であるホッキ貝と北斗市特産の米・ふっくりんこでできた「『ホッキずし』のいきもの」で、市の宣伝隊長として活躍している。

21年11月には8歳の誕生日を迎え、「可愛さよりキモさが売り」の個性的な見た目や、「突然四つん這いになる」「何を考えているかわからない」という謎のプロフィールが支持され、地元だけでなく全国にファンがいる人気キャラクターだ。

このオブジェについて、ツイッターでは

「酢飯光るんだ、、、」
「なにをのみこんだんだこの子は」
「子供が見たら泣く奴」
「デフォルトでも怖いのにレベルアップしてる」

と、戸惑うユーザーからの声が多く寄せられている。

だが、「ずーしーほっきーじゃないですか!光っててかわえ〜」や、「今北斗駅こんなんが居るのかよ...行きたい...!!!!!!」と胸をときめかせるユーザーからの反応も同じくらい見受けられた。

12月1日より常設

Jタウンネット記者は7日、このオブジェについて、設置・管理している北斗市観光協会を取材した。

取材に応じた同協会担当者によれば、このオブジェが設置されたのは12月1日。今年で3年目を迎える新函館北斗駅前のイルミネーションを、今年は「北斗光回廊」と題して開催。その開始にあわせ、お披露目された。

今回のオブジェの設置意図について、担当者は

「新函館北斗駅をご利用になるお客様に楽しんでいただいたり、北斗市に滞在してくださる観光のお客様の旅の記念になれば、との思いで設置いたしました。少しでも北斗のことを知って、またほっこりしていただければ」

と思いを語る。

オブジェは、座っている状態で約165センチの「等身大」。お腹の米部分はさまざまな色に光るという。

駅前のイルミネーション「北斗光回廊」は22年2月28日までの期間限定だが、このオブジェは常設に。毎日、日没から22時まで点灯するそうだ。

また、駅前にある商業施設「ほっくる」の前には箱型の行灯型照明が並び、桜や紅葉など北斗市の四季をイメージしたものと並んで、ずーしーほっきーデザインもある。「春」「夏」「秋」「冬」「ずーしーほっきー」というわけだ。こちらも常設である。

美しいイルミネーションの中に紛れ込む、ずーしーほっきー。

気になる方はぜひ、新函館北斗駅へ。