こんにちは、薬剤師の芝軒千紘(しばのき ちひろ)です。みなさん、2021年の食生活や体調管理はしっかりできていましたか? 緊急事態宣言が解除され、お酒の回数が増えていませんでしたか? 12月前半。“終わりよければすべてよし!”です。しっかり生活習慣が送れた人はよりよく、暴飲暴食をしてしまった人は最後に最高の体調を目指していきましょう!

最高の体調で1年を締めくくる!年末年始のカラダの整え方カラダを動かす時間を取ろう

ずっと頭を使っていると、糖が脳のエネルギーとして使われます。そしてアデノシンという疲労物質を生み出します。アデノシンはドーパミンというやる気や幸福感を感じる脳内ホルモンの分泌を抑えてしまいます。休みをうまくとれない人は疲労物質が溜まってしまい、寝ても疲れが取れない、1日中だるい、うつっぽくなるというような症状を引き起こしてしまいます。週末は散歩をしたり、お出かけをしたりリフレッシュを取り入れるようにしましょう。

精神疲労が重なったらHIITを取り入れる

精神疲労で帰宅したら何もできないという方も多いのではないでしょうか。HIIT(高強度インターバルトレーニング)のような瞬間的に心拍数をあげる運動は、アデノシンの分泌を一時的にブロックできると言われています。バーピー、階段昇降など場所に応じた方法があるのでぜひ調べてみてくださいね!HIITは運動後も消費カロリーが高い状態が続くことや、短時間なのに有酸素運動の数倍脂肪燃焼効果があるのでダイエットもできて一石二鳥!

イベントは8時間ダイエットで切り抜ける

年末年始はイベントも多いのではないでしょうか? そんな時に簡単に調整ができるのが8時間ダイエット。食べる時間を8時間以内にし、残りの16時間は断食。外食の時間に合わせることができるのでストレスも感じにくく、続けやすい食事法です。消化器官を休めることでお通じのお悩みにも◎。8時間が難しい人は12時間からやってみてくださいね!

朝の水分摂取ですっきり&食欲を抑える

朝食を食べるべきか否かという論争はいくつかありますが、大切なことは内臓を起こしてあげることです。起きてスッキリしない人は500mlくらいの水分を起床後1時間くらいの間に飲むようにしてください。また水分摂取量が増えるほど、脂肪分・塩分・糖分への欲求が減るという研究があります。デトックスにも良いですし、食欲にお悩みの方はぜひ1.5〜2Lを目指しましょう。

いかがでしたか? 2021年の締めくくりが最高の体調で迎えられますように。

教えてくれたのは

出典: 美人百花.com

芝軒 千紘(しばのき ちひろ)

薬剤師。大学病院の門前薬局にて勤務後、より多くの人に健康に興味を持ってもらえるよう、パーソナルの栄養相談・指導などに従事。現在はオンライン薬局YOJOにて体質に合わせたオーダーメイド漢方の提案をしている。