(※写真はイメージです/PIXTA)

写真拡大

国税庁の調査によると、会社員の平均給与は433万1,000円。しかしあくまでもこれは平均値。男女で、会社規模で……いろいろな観点で比較してみると、さまざまな給与格差がみえてきます。今回、焦点をあてたのは学歴。大卒の会社員と高卒の会社員の間には、どれほどの給与差があるのでしょうか。

【関連記事】中小企業で働く日本のサラリーマン…大企業の給与との格差に落胆

高卒就職組は約17%…都道府県で最も多いのは「佐賀県」

――大学くらい行っておけ

勉強する意味を見いだせず、「高校を卒業したら働く」と言い切る子どもに対し、思わず放ったひと言。思春期でなかなか子どもとのコミュニケーションが難しいと悩む親なら、このように言った覚えのある人も多いのではないでしょうか。

高校卒業後の進路は、大学進学率が上昇した1960〜1970年代にかけて大きく減少。1980年代には専修学校専門課程、いわゆる専門学校への進学者が増加するも、就職者が上回っていました。大学進学者が初めて上回ったのは1992年のこと。意外と最近という印象を受けるかもしれません。

文部科学省『令和2年学校基本調査』によると、高校卒業者103万のうち、就職者は18.4万人。約17%の高校生が就職という道を選択しました。そのうち、正社員が91.8%、自営業等が5.1%でした。

都道府県別にみていくと、最も高卒就職率が高いのは「佐賀県」で32.2%。「山口県」31.0%、「秋田県」30.9%、「青森県」30.1%、「福島県」29.3%と続きます。一方、高卒就職率が低いのは「東京都」で6.8%。「京都府」8.5%、「神奈川県」8.6%、「奈良県」11.8%、「大阪府」11.9%と続きます(関連記事:『都道府県「卒業後に就職する高校生の割合」ランキング』)。

【都道府県「高卒就職率」上位10】

1位「佐賀県」32.2%

2位「山口県」31.0%

3位「秋田県」30.9%

4位「青森県」30.1%

5位「福島県」29.3%

6位「宮崎県」28.8%

7位「長崎県」28.6%

8位「岩手県」28.4%

9位「山形県」28.1%

10位「鹿児島県」28.1%

出所:文部科学省『令和2年学校基本調査』より作成

高卒と大卒の給与格差、年を取るごとに広がって…

話を最初に戻ると、思春期の子どもへの「大学くらい行っておけ」という親のアドバイス。経験者であれば分かると思いますが、そのような言葉は子どもの琴線に響くことはありません。「なんで?」と子どもに返されたら、「大学に行ったほうが何かと有利なんだよ」くらい、曖昧なことしか言えないからです。

一般的に「大学くらい行っておいたほうがいい」というのは、給与面で大卒のほうが有利ということからでしょう。厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』で、高卒と大卒の給与差がどれほどなのか、みていきます。

まずは高卒の給与は、平均425万6,100円。新卒時242万円3,400万円だった給与は、年齢とともに上昇し、30代後半で400万円台突破。50代後半で494万1,000円とピークに達します。

続いて、大卒の給与。平均給与は585万6,600円。新卒時328万4,200円だった給与は、20代後半で400万円台、30代後半に500万円台、40代前半に600万円台、40代後半に700万円台と上昇し、50代前半で823万8,100円に達します。

【高卒会社員の年収の推移】

「〜19歳」242万3,400円円

「20〜24歳」311万1,800円

「25〜29歳」351万3,900円

「30〜34歳」388万0,100円

「35〜39歳」424万4,100円

「40〜44歳」459万5,400円

「45〜49歳」487万0,800円

「50〜54歳」488万9,100円

「55〜59歳」494万1,000円

「60〜64歳」367万1,300円

【大卒会社員の年収の推移】

「20〜24歳」328万4,200円

「25〜29歳」422万4,000円

「30〜34歳」495万4,300円

「35〜39歳」572万2,400円

「40〜44歳」640万8,700円

「45〜49歳」713万6,200円

「50〜54歳」823万8,100円

「55〜59歳」799万7,600円

「60〜64歳」557万5,800円

出所:厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』より

※数値は男女計

高卒と大卒の給与差は、20代前半で17万2400円程度でしたが、年齢とともに拡大。30代前半で107万7,200円、40代後半で226万5,400円。そして50代前半で334万9,000円にも達します。双方、65歳で定年を迎えたとすると、生涯給与換算で、9,000万円近い格差が生じることになります。

もちろん、これはあくまでも平均値による仮説。高卒であっても高給取りの人はいますし、大卒でも低賃金で嘆いている人はいます。ただ統計上、「大卒のほうが生涯賃金ははるかに高い」というのは事実です。これらをもって「大学には行ったほうがいい。1億円近くも給与格差があるのだから」と子どもに言ってみましょう。それでも「大学に行かない」と言うならば……どうするかは親次第です。