ホテルオークラの味をお家で再現できる。「なすのグラタンドリア風」レシピを紹介

『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりの食卓』(KADOKAWA)。タイトルを見ただけで、異次元の世界、と敬遠してしまいそう。でもちょっと待って。ホテルの味が簡単に我が家で再現できるとしたら、絶対にやってみたい!と思いますよね。

◆夫婦でのんびり、普段のゴハン

 長年連れ添った夫婦がともに料理のプロ、お互い腕を競い合ってケンカしないの?と勘繰ってしまうのは私だけではないはず。本書にはレシピやメニューの写真だけではなく、夫と妻がお互いを尊重し合う空気感まで流れているのです。朝ごはんにフレンチトースト、子どもと一緒に豚こまカレー等々。ちょっと手を伸ばせば私達にも真似ができてしまう、日常まるごと、本書で味わってみませんか。

◆一手間で簡単ホテルテイスト

 本書から、ホテルオークラで大人気だったメニューのひとつ、グラタンを紹介します。なすとトマトとひき肉の組み合わせは、ブランチにもちょっと豪華なディナーにもイケる一品。いつもの材料で、ミートソースとベシャメルソースも手作りできちゃいますよ。

◆<なすのグラタンドリア風> 材料(2人分)

なす   2本(250〜270g)
温かいご飯   240g
★ミートソース   200g
★ベシャメルソース   100g
おろしたグリュイエールチーズ   30g
サラダ油   大さじ2
塩、こしょう   各適量

◆★ミートソース

材料(でき上り量300g)
あいびき肉   100g
玉ねぎのみじん切り   70g
トマト   2個
トマトペースト   大さじ1
小麦粉   大さじ1/2
にんにくのみじん切り   1/2片分
ローリエ   1枚
オリーブ油   大さじ1/2
塩   小さじ1/3
こしょう   少々

作り方
1. フライパンにオリーブ油を熱し、ひき肉を入れて炒めて、色が変わったら玉ねぎを加えてしんなりするまで炒める。

2. にんにく、小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒める。

3. 皮を剥き粗みじん切りにしたトマト、トマトペースト、ローリエを加えて10分ほど煮て塩、こしょうで味をととのえる。

◆★ベシャメルソース

材料(でき上り250g)
小麦粉、バター   各15g
牛乳   1カップ
塩   小さじ1/2
こしょう   少々

作り方
1. 鍋にバターを溶かし、小麦粉を入れてバターと粉を混ぜ合わせるように弱火で炒める。

2. 牛乳を加えて、泡立て器で混ぜながら4〜5分弱火で煮て、塩、こしょうで味をととのえる。

◆いざ!<なすのグラタンドリア風>の作り方

1. なすは2?幅の輪切りにし、塩、こしょう各少々をふる。ご飯はボウルに入れ、塩、こしょうを各少々をふって混ぜる。

2. フライパンにサラダ油を中火に熱し、なすの両面が色づくまで焼く。

3. グラタン皿に1のご飯を入れ、なすを並べてその上にミートソースをかけ、さらにベシャメルソースをかけてチーズを全体にふり、オーブントースターか230℃に予熱したオーブンで12〜15分焼いて焦げ目をつける。

※ご飯になすをのせ、覆うようにミートソースをかける。

======

 レストランではサフランライスだったそうですが、白いご飯でもワンランク上の味に仕上がります。ソースを2種類手作りするだけで、特別感がただよいますよね。朝ごはんから夕ごはん、保存食まで、本書に載っているのは普通の家庭料理がメインです。調味料も普段使いのもので十分ですし、買い足す必要はありません。日常を彩るのは、ほんの少しの心配りと気配り。ふたりの食卓が、私達に大事なこと教えてくれました。

―小説家・森美樹のブックレビュー―

<文/森美樹>

【森美樹】
1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)、『母親病』(新潮社)、『神様たち』(光文社)を上梓。Twitter:@morimikixxx