いくら浮気しても…男性が本命彼女に戻りたがる「呆れた言い訳」

写真拡大 (全4枚)

「男性はなぜ浮気をするの? 浮気しておいて、どうして彼女のもとに戻ろうとするの?」これは答えを聞いたとしても理解に苦しむ超難問です。浮気男性の本音とあきれた言い訳にあなたは納得できる……?

あくまで浮気で本気じゃない

「繰り返し会うのはどうかと思うけれど、ワンナイトで終わる関係に好きとか、付き合いたいとか、そういう気持ちはない。風俗に行くのと同じ感覚。彼女は特別だから浮気しても揺るがない。絶対的存在」(29歳男性・自営業)

彼女を別格扱いしていても、ほかの女性と寝る彼氏はどうかと思うのですが……。気持ちが伴わない浮気は許されるべき、という論は受け入れがたく感じますし、風俗と同じ扱いにされた浮気相手の女性もなんだか哀れに感じます。

男性の中で本命彼女と浮気相手は区別されていても、女性がその思考を理解するのは難しいでしょう。都合の良い屁理屈に思えてしまいます。

「浮気が悪いことだとわかっているし、正当化しようとするつもりはない。でも、目の前に好みの女性がいて、そういう雰囲気になったら男は大抵なびいてしまう。理性が飛ぶから」(32歳男性・会社員)

この男性いわく、男の浮気は根拠が性欲だから浮気が本気になりづらいとのこと。たとえ繰り返し会ってキープするとしても、浮気相手は彼女と同等に見ていないのだそうです。愛しているのは彼女なので、「別れるつもりはない」と。

ただ、本気で愛していると言われても浮気は裏切り行為。許せなくて別れを選ぶ女性も多いでしょう。そのあたりの女心が理解できるなら、荒ぶる性欲を理性でコントロールできないものでしょうか……?

誘われただけで俺のせいじゃない

「昔、職場の親しい仲間でホームパーティをするからと誘われて行ったら、俺ひとりだった。その子の家で二人きり。癒してあげると言われて同僚の女性と一度だけ関係を持ったことがある」(43歳既婚男性・エンジニア)

この男性は、妻が妊娠中に同僚女性から迫られたそうで。男性が性的にご無沙汰であること、里帰り出産でひとりだと把握していたというのだから、女性もかなりの策士です。

ただ、普通はみんながいると思って行ったら自分ひとりだった、と気づいた時点で「ヤバい」と危機感を覚えるのでは……? 男性にも「あわよくば」という心の隙があったのでしょう。

バレたら離婚の可能性もあると考えれば、刹那の欲望に惑わされた愚かな心のゆるみといえます。浮気女性にはその後も誘われたそうですが、子どもがいる生活が始まって改心したのか、男性は自分の過ちを後悔したようです。

「彼女とのケンカ中に彼女の友だちに誘われてホテルに行ってしまった。最初は別れてもいいやとヤケクソになっていたけれど、その友だちと彼女を無意識のうちに比べてしまって、やっぱり元サヤに戻った」(26歳男性・派遣社員)

浮気はバレていないそうですが、彼女としては愛情と友情を一気に失いかねないシチュエーションです。ほかの人と比べることで「やっぱり彼女がいい」と戻りたくなるなんて、都合が良すぎるでしょう。浮気して自分とほかの人を比べられたと知れば、彼氏への愛は一瞬で冷めるはずです。

した側は忘れても、された側は忘れない

浮気する男性は自分がとんでもないことをしている自覚があまりないのでしょう。「バレなければいい」「謝れば浮気はなかったことに」と軽く考えている節があります。

その証拠に、彼氏とケンカしたときに彼女が過去の浮気を掘り起こすと、「アレは終わったことだ」と逆ギレする男性がなんと多いことか。彼氏にとっては終わったことでも、彼女からすればいつまでも残る心の傷なのです。

だからこそ、「浮気しても彼女のもとに戻りたい」という男性の生ぬるい考え方は腹立たしく感じます。また一方で、自分を裏切った彼氏を捨てればいいのにできない彼女の心情もわからないわけではなく。苦しい気持ちを残したまま、元サヤを許してしまう女性は少なくありません。

どれだけ男性の本音を聞いても「そうですか」と納得はできないのです。当たり前の話ですが、浮気はしてはいけないし、したら自ら身を引くくらいの覚悟は持つべきでしょう。

©Emma Innocenti/Getty Images©boggy22/Getty Images©Irina Polonina / EyeEm/Getty Images

文・沙木貴咲