「10月21日の15時頃に警察から『犯人を逮捕しました』という連絡がありました。逮捕された犯人の名前は私が初めて聞く名前でした。悔しさと怒りしかありません。容疑者が否認していることに対して不安もあります」

【画像】亡くなった宮崎さんが姉と一緒に撮ったプリクラ写真

 文春オンラインの取材に涙ながらにこう語るのは亡くなった被害者の1歳年上の実姉だった。


宮崎英美さんの遺骨の前で手を合わせる宮崎さんの姉 ©文藝春秋

 2021年9月6日正午頃、埼玉県熊谷市にある家賃2万8000円のアパートの2階の部屋で、宮崎英美さん(27)が変わり果てた状態で発見された。警察に通報した第一発見者は、宮崎さんと連絡が取れないことを不審に思って、部屋を訪ねた知人男性だった。全国紙社会部記者が語る。

「宮崎さんは布団に仰向けの状態で冷たくなっていた。捜査関係者によると、死因は首を絞められたことによる窒息死。着衣に乱れはなく、部屋を物色された形跡もなかったそうです。9月3日の午前2時頃に自宅から200メートルほどの場所にあるコンビニで、宮崎さんが1人で買い物をする姿が店内の防犯カメラに映っていたのが、警察が確認できた彼女の生前最後の姿でした。その後、遺体が発見されるまでの“空白の3日間”に何者かが宮崎さんを殺害したとして警察は捜査本部を設置、80人態勢で捜査を行っていた」

 事件から46日目、殺人の疑いで逮捕されたのは、東京・東村山市に住む派遣社員の冨田賢容疑者(32)だった。

「警察が現場付近の防犯カメラやドライブレコーダーを分析したところ、9月3日に冨田容疑者の借りたレンタカーが宮崎さんの自宅近くに停まっていた。また、冨田容疑者と宮崎さんは今年SNSを通じて知り合い、複数回宮崎さんの部屋を訪ねていた可能性があるそうです」(同前)

 現在、千葉県に住む宮崎さんの姉は、妹の遺体が発見された当日の様子をこう打ち明けた。

「顔の表情は引きつった感じで、片目は開いていた」

「9月6日に警察から『妹さんが事件で亡くなられました』という連絡がありました。まさか自分の妹が事件の被害者になるとは思いもしませんでしたが、遺体を確認するために熊谷警察署の安置室に向かいました。『妹じゃなければいい、間違っていてほしい』と願っていました。でも、顔を確認したら妹だったのです。現実なんだと思いました。妹は冷たく、顔の表情は引きつった感じで片目は開いていました。最後まで苦しかったんじゃないかと思いました。首にはジグザグのまだらな赤い痕が首を一周するように残っていました。圧迫されたからか、顔が膨れ上がっていて。可哀想で言葉もなく、その後のことはあまり記憶がありません」

 その時、警察からは以下のような報告を受けたという。

「警察からは、2つあるはずの妹の部屋の鍵が1つ足りないこと(事件当日は玄関の鍵は開いていた)と、妹の携帯が無くなっていることを聞きました。そして、凶器もまだ見つかっていないと。9月中旬には『(犯人は)ネットに出ているようなマンションの住人や第一発見者の知人男性などではないです。今、5〜6人に(容疑者を)絞れている』と言っていました。

 妹の自宅は今も証拠保全のためか私も立ち入ることができません。事件後、いてもたってもいられなくなり、妹が住んでいたアパートの外観だけ見に行きました。9月3日に生きていたことは確認されていたので、妹が亡くなったのは9月4日なのかなと思っています。犯人が逮捕された10月21日は妹の四十九日を控えた前日でした。家にある妹の御骨に『犯人捕まったよ』とだけ報告しました」

付き合っていた男性の暴力が原因でトラブルになったことも…

 埼玉県東松山市で生まれ育った宮崎さんは兄2人、姉1人を持つ4人兄弟の末っ子だった。幼少期に両親が離婚してからは、熊谷市内の児童養護施設で育てられたという。姉が続ける。

「私と英美は同じ施設で育ちました。一緒にご飯に行ったり、カラオケに行ったりしていました。もちろん口ゲンカも人並みにしました。妹は18歳の頃にお弁当店でバイトをしたりしていたと思います。しかし、その後施設を出て、それぞれ別の生活を送るようになりました。妹からは何かあったら連絡が来る感じでしたけど、英美が21歳になった年に、私が電話をしたら、携帯が使われていない状態になっていて。急に連絡が取れなくなったのです。英美は過去に付き合っていた男性の暴力が原因でトラブルになったこともあったので、一人で抱え込んでいたりとか、危ない目に遭っていなければよいなと心配していたのですが……」

 英美さんの姉は、妹と連絡がとれなくなった6年前から毎日のようにSNSで妹のアカウントを探していたという。

「英美と同姓同名の方はいましたけど、英美の顔が出てくるアカウントはありませんでした。警察に捜索願や失踪届も出して、探していました。事件の1カ月前にも熊谷警察署に安否確認依頼を出したんです。すると、警察の方は妹の所在を知っているとのことだったので、『姉が心配していることを伝えてください。連絡先だけでも渡してください』とお願いしましたが、警察からは『そういうことはできません』とのことでした」

「妹を探してあげられなくて、申し訳ない」

 9月6日、姉に最悪の知らせが届いてしまった。

「警察から『事件で妹が亡くなった』という知らせがありました。もっと早く連絡が取れていれば、トラブルにあってないかとか確認できたし、妹を救えたんじゃないかと思ってしまいます。妹の交友関係は同年代が多かった印象があるので、報道で逮捕された犯人の年齢が32歳と知って驚きました。犯人には知っていることをすべて話してほしいです。今は妹に対して、探してあげられなくて申し訳なくて。後悔しかありません」(同前)

 27歳という若さで命を奪われてしまった英美さん。22日午前8時、冨田容疑者は熊谷署から送検された。取り調べに対し、冨田容疑者は「被害者を殺していない」と容疑を否認しており、警察が詳しいいきさつを調べているという。

 ◆

「文春オンライン」では、今回の事件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

 メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp

「文春くん公式」ツイッター:https://twitter.com/bunshunho2386

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))