片瀬那奈

写真拡大

 9月末日をもって大手芸能事務所「研音」を退所した女優・片瀬那奈が6日、『FLASH』(光文社)の直撃取材に応じた。片瀬の住む都内マンションの周辺には連日、複数のマスコミが詰めかけ、部屋に閉じこもったきりの片瀬は“籠城生活”を送っているという。そんな片瀬が突如、姿を現わした瞬間を同誌がキャッチ。今後の活動の予定を問うと、「ごめんなさい、わざわざ来ていただいたのに」とだけ話し、薬物疑惑についてはだんまりを決め込み速足で再び自室へと消えていったと報じている。

 ​>>安達祐実、黒田アーサーとの結婚は母が断固拒否? 21の年の差より埋められなかったギャップは【芸能界、別れた二人の真相】<<​​​

 片瀬といえば、今年7月に配信されたニュースサイト『文春オンライン』で同棲生活を送るIT会社社長の岡田英明氏が、麻薬取締法違反(コカイン所持)の容疑で逮捕されていたことが判明。2人が同棲していた都内の自宅も家宅捜索され、違法薬物こそ出なかったが、任意で尿検査を受けた片瀬は陰性だったと報じられた。

 この一件で事務所を“事実上のクビ”になったといわれている片瀬だが、同事務所には1998年にスカウトを経て入所した。1999年、人気雑誌『JJ』(光文社)の専属モデルに抜擢されると、同年3月放送のドラマ『美少女H2』(フジテレビ系)に主演し女優デビュー。2001年には、松下電工のCM『きれいなおねえさん』の3代目となり一躍脚光を浴び、以降は役者として飛躍、数多くの作品に出演した。

 片瀬が31歳を迎えた2013年7月、7歳年下の俳優・溝端淳平(当時24歳)との居酒屋デートが『女性セブン』(小学館)に激写された。記事によれば、2人は同年放送のドラマ『35歳の高校生』(日本テレビ系)での共演で知り合い交際に発展したという。同誌は、同年6月に都内近郊の「ドン・キホーテ」で買い物デートを楽しむ2人をキャッチし、その約10日後には「伊勢丹」でのショッピングを目撃していたと伝えている。

 このとき双方は交際を否定していたものの、2014年8月に結婚も視野に入れた真剣交際であることが『日刊スポーツ』に報じられた。さらに同年11月、『FRIDAY』(講談社)は2人の半同棲を報じ、結婚は“秒読み”とうわさされていた。

 ところが2015年1月、『女性セブン』は2人の破局を報じたのだ。記事によれば、溝端の方から突然別れ話を切り出し、これに片瀬は相当なショックを受けていたという。交際当初から片瀬は、少しでも長く溝端と一緒にいたいとの思いから、溝端の自宅マンション近くに引っ越すほどゾッコンだったようだ。当時、片瀬の周辺では結婚や出産が相次ぎ、その影響を受けてか結婚願望が大きくなっていったという。しかし、溝端にとってはいつしか重荷になっていったよう。結局、結婚したい片瀬と、仕事第一の溝端との間で気持ちのズレが大きくなっていったというのが破局の理由と伝えている。

 2015年2月、『サンケイスポーツ』は都内でCS放送・時代劇専門チャンネルの法廷ドラマ『時代劇法廷 被告人は坂本龍馬』の収録を行った溝端を直撃。破局報道について溝端は、「(片瀬とは)これからも変わらず、ずっといい先輩です」と暗に破局を認め、「これからも友達ということですか?」との問いかけには、「そうですね」と笑顔で答えていた。

 2018年11月、片瀬は岡田氏との交際が『FRIDAY』に報じられ、記事では出会ってすぐに2人は交際をスタートさせ、2015年夏頃から同棲を続けていると伝えている。

 溝端は、現在放送中のNEWS・増田貴久が主演するドラマ『古見さんは、コミュ症です。』(NHK)に出演するなど、ドラマやCMなどにひっぱりだこ。一方の片瀬は、芸能界からシャットアウトされつつあり、今後の活動は厳しいといわれ、明暗が分かれてしまったようだ。