(C)吾峠呼世晴/集英社 (C)吾峠呼世晴・帆上夏希/集英社

写真拡大 (全3枚)

2014年に月刊から隔月刊に変更されていた『最強ジャンプ』が、 2021年8月にリニューアルして、再度月刊化する。

「最強ジャンプ」は、2011年12月に『週刊少年ジャンプ』の兄弟誌として創刊。オリジナル連載作品をはじめ、『ONE PIECE 学園』『僕のヒーローアカデミア チームアップミッション』『BORUTO-ボルト-SAIKYO DASH GENERATIONS』『キャプテン翼 KIDS DREAM』など、ジャンプグループの人気マンガをもとに、別の作家がコミカルに描く公式スピンオフ作品も大人気連載中。さらに、人気ホビーのカードやポスターなどの付録が毎号大充実している“サイキョー”の雑誌となっている。

8月4日に発売となるリニューアル号の9月号では、吾峠呼世晴氏による人気漫画『鬼滅の刃』の公式スピンオフ作品『キメツ学園!』の連載がスタート。『鬼滅の刃』単行本の巻末などに、オマケ的に掲載されていた『中高一貫!!キメツ学園物語』を、帆上夏希氏を著者として連載化する。人気キャラクターたちが学生や教師になって繰り広げる“ユニークな学園コメディ”として描かれる。
これを記念して、吾峠呼世晴氏より、描きおろしのイラストとコメントが到着した。


■著者プロフィール
○帆上夏希(ほかみ・なつき)
2016年『ユアガーディアン』でデビュー。2017年『火久摩の手』を「ジャンプGIGA」にて短期連載。2019年『獄丁ヒグマ』を「週刊少年ジャンプ」にて連載。

○吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)
2013年、「週刊少年ジャンプ」の月例賞「第70回JUMP トレジャー新人漫画賞」にて読切作『過狩り狩り』で佳作を受賞。以降『文殊史郎兄弟』、『肋骨さん』、『蠅庭のジグザグ』といった読切作品を発表した後、2016年2月より『鬼滅の刃』の連載を開始。2020年5月に完結。