逃げ惑う人々、巨大な影の来襲、新国立競技場の背後に炎……。ニュースの中継が叫ぶ。
「このままでは……東京オリンピックが……!!」

 漫画家・浦沢直樹(61)が『週刊スピリッツ』(小学館)連載中の最新作『あさドラ!』で冒頭のシーンを描いたのは、2018年10月。五輪危機は浦沢によって “予言” されていた――。

【マンガあり】浦沢作品で“予言”されていた「東京五輪危機」新国立競技場の背後に炎が!

「また、やってしまいましたね(笑)」(浦沢・以下同)

 当時、世間は東京五輪の開催を指折り数えて待ち望んでいた。新型コロナウイルスは、影も形もないころだ。

 浦沢の “予言” は、初めてではない。映画化もされた約20年前の大ヒット作『20世紀少年』(小学館)では、新型コロナウイルス出現を予知するような、ウイルス蔓延による世界的な危機が描かれている。

「たしかに作中では途中からみんなマスクをしたり、ワクチンの争奪戦が起こったり、そんなシーンを描いています。

 ただ僕は、予言なんか一回もした覚えは、もちろんないです。描いたものが何度も現実になっちゃっているのは、僕自身も不思議で。だから『BILLY BAT』(ストーリー共同制作 長崎尚志/講談社)では、漫画家が “見えない誰か” に描かされているような物語を描いてみました。

 でも、『世界がこんなことになってしまうとは』と思いながら、まったく想像していなかったかというと、それもまた違うのかもしれません。僕は、物心ついたころから漫画を描いてきました。フィクションのことをずっと考え続けるなかで、『実際に起こり得る可能性』も同時に考えてきたんです。そういうことが、たまたま現実と合致してしまったんでしょうね」

 長年、第一線で物語を描き続ける浦沢に、創作の極意を訊いた。

「出来事の中にキャラクターを投じて、彼らの行動を見守りながら描き留めていくイメージです。『あさドラ!』でいえば、物語の始まりは、1959年の伊勢湾台風。12歳の主人公・浅田アサが数々の出来事に遭遇したら、どうするか……ということからですね」

2016年、個展開催記念に作られた一冊。表紙には浦沢作品を代表するキャラたちが集合(C)浦沢直樹・N WOOD STUDIO/小学館

 浦沢の物語を動かすキャラたちは、どう生まれるのか。

「僕には親友と呼べるような人は少ないのですが、通じ合っている友人がたくさんいるような気がしています。それは、僕が描いたキャラクター、あの人たちがいるからなんでしょうね。作中で出てこなくとも、彼らの過去から現在に至る人生の歩みを全部考えていて、生きた人間みたいに感じているんですよ」

 それゆえ浦沢自身、漫画の中でキャラが動きだして初めて、そのキャラの “人となり” に気づかされることも少なくないという。

「たとえば『あさドラ!』に初登場シーンでアサを誘拐してしまう春日(晴夫)というキャラがいるんですが、もっと荒っぽい人なのかなと思っていたら、高倉健さんみたいな渋さと落ち着きを見せてくれる。

 自分で描いているのに不思議なんですけど、『ここでこうして』と言ったところで、キャラにもそれぞれ生活というか、“人生スケジュール”があって、『その日はまずい』って言われたり(笑)。だから、みんなのスケジュール合わせが、僕の仕事みたいなところがありますね」

家族を失ったアサを “父” のように支える春日。戦時中は「空の英雄」と呼ばれた、飛行機の敏腕パイロットだ(C)浦沢直樹・N WOOD STUDIO/小学館

アサたちきょうだい4人を引き取った “母” きぬよ。「戦争に人生を弄ばれても、流されずもがく人」(浦沢)(C)浦沢直樹・N WOOD STUDIO/小学館

 では、浦沢作品の大きな魅力のひとつである “伏線” は、どのように作られるのか?

「キャラたちが動いて生まれる『ドラマ』が、勝手にうごめいているだけですね。僕は、それに “気づく” だけ。

 作品を描くとき、僕はメッセージ性やテーマなんて意識しません。昔から頭の中に、“おもしろ判定装置” みたいなものがあって、そこで『おもしろい!』と判定されたものを描いてるだけです。忘れるようなものはおもしろくないと思うので、メモも取りません。

 よく、『浦沢はロジカルに描いている』なんて言われますが、全然ですよ(笑)。ただ、おもしろいと思ったものを描いているだけです」

 さて、東京五輪が今後、中止ということになったら、『あさドラ!』への影響は?

「開催・中止という結論そのものよりも、その賛否に揺れる人々の感情の変化を掴むことのほうが重要です。僕は、いろいろな状況を生きる人々の『人間ドラマ』を描きたいんです」

YouTubeの第1回の収録風景。仕事場でチャンネルのロゴを描く浦沢

 コロナ禍の巣ごもり需要で今、漫画業界は絶好調だ。

「漫画は一度、SNSと過ごす時間に負けました。街にも楽しいことがあふれていて、漫画の入る隙間は少なかった。それが『やっぱり漫画だ』となったのは、漫画の持つ底力だと、あらためて思いますね」

 浦沢は、この環境の変化をポジティブにとらえている。

「部屋にこもらなきゃならない状況って、漫画を読むのに適していますが、描くのにも、もってこい。僕の場合、以前からアシスタントを減らし、一人で描くようになっていましたが、夢中で『あさドラ!』の原稿に向かっていると、子供のころに戻ったように、漫画を描く喜びを感じます。

 このコロナ禍のなか、自分で漫画を描いてみようと思う人がたくさん作品を描いて、次世代を担うすごい才能に育ったりしてね。僕も負けてられないです」

『浦沢直樹の漫勉neo』(NHK Eテレ)は、6月9日から3週連続で、毎週水曜22時から新シーズンを放送予定。写真は、9日のゲスト『機動戦士ガンダム』で知られる安彦良和氏の作画風景。浦沢が作詞作曲した同番組のテーマ曲『漫画描きのバラード TV Ver.』が配信中(写真提供:NHK)

 そんな浦沢の新たな挑戦の場が、2021年4月末に開設したYouTube『浦沢チャンネル』だ。

「きっかけはツイッターで、『浦沢はいつ新作を描くのか』という投稿を何度か見たこと。もう単行本も5巻になるというのに。僕は作品を電子化していないので、紙の出版とは違う世界で暮らす人たちとふれ合うにはどうすればいいかと考え、『YouTubeだ』と思いました。彼らの世界に “お邪魔します” 精神で入っていく方法はあるな、と。

 僕は『漫勉』(NHK Eテレ)という、ゲスト漫画家の方々の作画風景を見ながら対談する番組をやっています。この番組にはものすごい機材が必要になるので、YouTubeでは、もう少し気軽にやってみようかなと。たとえば、若手の作家さんと漫画家事情を語り合ったり、僕のライブドローイングを見せたり、いろんなことができそうです」

アメリカ・ロサンゼルスで『Bob Lennon』を熱唱。同所をはじめ、浦沢の “歌う” ライブドローイングは世界中で好評を博した

『浦沢チャンネル』には、早くも海外からのコメントが多数届いている。『20世紀少年』で主人公が歌う『Bob Lennon』をリリースしたシンガー・ソングライターでもある浦沢だが、海外で同曲を披露すると、合唱が起こるほどの人気ぶりだ。

「YouTubeは漫画と違って、音が出せるのはいいですよね。それを利用して、音楽と漫画の画期的なコラボレーションができるんじゃないかと思っています」

うらさわなおき
1960年生まれ 東京都出身 漫画家。1983年『BETA!!』でデビュー。『YAWARA!』『MONSTER』『Happy!』『20世紀少年』(すべて小学館)をはじめとする数々のヒット作を生み出し、国内累計発行部数は1億2800万部超。現在、最新作『あさドラ!』を、「週刊スピリッツ」(小学館)にて連載中。『浦沢直樹の漫勉neo』新シーズンが6月9日スタート(毎週水曜日22時〜/NHK Eテレ)。ミュージシャンとしても精力的に活動し、2枚のアルバムを発表。公式ツイッターは(@urasawa_naoki)、YouTubeは「浦沢チャンネル」で検索

写真(浦沢特写)・石井健
取材&文・吉岡命

※本文中一部敬称略
※『あさドラ!』最新第5集が発売中! コミックスの中に、浦沢作品ならではの “お楽しみ” も封入(『あさドラ!』第1話は、「ビッグコミックBROS.NET」で試し読み可能)

(週刊FLASH 2021年6月1日号)