【写真:Getty Images】

写真拡大

 UEFAの公式SNSが、かつてアトレティコ・マドリードでプレーした元ブラジル代表MFジエゴのスーパーゴールを紹介した。

 ブレーメンやユヴェントス、ヴォルフスブルクなどで活躍したジエゴは、2012/13シーズンにアトレティコ・マドリードにレンタルで加入。その後完全移籍は成立しなかったが、2014年1月に復帰を果たすと、チャンピオンズリーグのバルセロナ戦で驚きのロングシュートを決めた。

 ハーフウェイラインをわずかに越えたところからのFK。近くにいたジエゴがボールを受けると、シャビが間合いを詰めてきた。するとジエゴは、何かを心に決めたかのように右前方に大きく持ち出し、そのままシュートを放った。右足のアウトにかかったロングシュートが、ゴール右隅にズドン。アトレティコ・マドリードは貴重なアウェイゴールを手にした。

 敵地でのファーストレグを1-1で終えたアトレティコ・マドリードは、セカンドレグで勝利して勝ち上がっている。

 ジエゴが繰り出した大胆かつ正確な一撃は必見だ。

text by 編集部