【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナの元会長であるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏が逮捕されたようだ。現地時間1日、スペイン『アス』など複数メディアが伝えている。

 これは以前から伝えられている「バルサゲート事件」によるもの。バルセロナが雇った会社がSNSを使ってクラブの評判を高めつつ、FWリオネル・メッシやDFジェラール・ピケといった中心選手らを中傷する活動をしていたという疑惑だ。この捜査が昨年から行われており、バルトメウ氏が逮捕されたという。

 バルトメウ氏のほかにも、元幹部数名が逮捕された模様とも報じられている。

 今月7日に次期会長選を控えるバルセロナ。元会長の騒動は、再びバルセロナを混乱させている。

text by 編集部