【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は1日、今月下旬に行われる2試合の国際親善試合でU-24日本代表がU-24アルゼンチン代表と対戦することが決定したとして発表を行った。

 試合は3月26日金曜日に東京スタジアムで、同29日月曜日に北九州スタジアムで、いずれもナイトゲームとして開催予定。南米の強豪を迎えて国内で2連戦を行う。テレビ放送やチケット販売についての詳細は未定であり、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策を行った上での開催」になるとされている。

 U-24日本代表は今年夏に開催が予定される東京2020オリンピック競技大会に出場するチーム。昨年夏に開催が予定されていた五輪は新型コロナウイルスの影響により延期され、男子サッカーは「U-23」だった年齢制限がそのままスライドして「U-24」に引き上げられている。

 U-24アルゼンチン代表は昨年1月から2月にかけて行われた五輪南米予選で1位となり、ブラジルとともに出場権を獲得。本大会でもメダル争いの有力候補の一角となることが見込まれる強豪であり、U-24日本代表にとっても有意義なテストの相手となることが期待できそうだ。

text by 編集部