【写真:Getty Images】

写真拡大

 主力選手の相次ぐ離脱に悩まされてきたリバプールだが、次節チェルシー戦では3人の選手が復帰を果たすことができそうだ。地元紙『リバプール・エコー』などが伝えている。

 守備陣を中心に多くの選手が負傷による長期離脱を強いられる中、プレミアリーグで4連敗と不振に陥っていたリバプール。だが2月28日に行われたシェフィールド・ユナイテッド戦では2-0の勝利を収め、ようやくトンネルを抜け出すことができた。

 次節は4日木曜日にホームでチェルシーと対戦。勝ち点1ポイント差で5位と6位に位置する両チームの対戦はトップ4浮上に向けた重要な一戦となる。ユルゲン・クロップ監督はこの試合に向け、GKアリソン、MFファビーニョ、FWディオゴ・ジョッタが復帰できる見通しだと語った。

 ジョッタは今季からリバプールに加入して順調にゴールを重ねる活躍を見せていたが、12月に負傷で離脱。先週から練習に復帰し、シェフィールド・ユナイテッド戦でも遠征に帯同はしていたが、体調不良のため復帰は見送ったとのことだ。

「ディオゴは昨夜チームと一緒にホテルにいたが、夜中に体調を崩してしまって家に帰らせた」とクロップ監督。チェルシー戦での復帰を明言することは避けながらも、「木曜日には準備ができると思う」と前向きな見通しを示した。

 最近4試合を負傷欠場していたファビーニョについても「メンバー入りにかなり近いはずだ」とコメント。父親の死去によりシェフィールド・ユナイテッド戦を欠場した守護神アリソンとともに、チェルシー戦での復帰を確信する様子を見せている。

text by 編集部