アーセナル入りしたエーデゴーア

写真拡大

 アーセナルは27日、ノルウェー代表MFマルティン・エーデゴーア(22)をレアル・マドリーからレンタル移籍で獲得したと発表した。背番号は11をつける。

 エーデゴーアは15歳253日でノルウェー代表デビューを果たしたことで“神童”と呼ばれ、すでにAマッチ25試合の出場歴を持つ。15年にレアル・マドリーと契約し注目を集めた。

 国内外へのレンタル移籍を繰り返した同選手だが、昨季はソシエダで7ゴール9アシストを記録した。しかし今季、活躍が期待されたR・マドリーではレギュラーをつかみ取れず、出場機会を求めて移籍先を探していた。

 公式サイトでエドゥテクニカルディレクターは「マーティンは並外れた才能を持っている」と高評価。ミケル・アルテタ監督も「我々に高いレベルで攻撃的な選択肢を与えてくれるだろう。彼と過ごす5か月に興奮している」と期待を寄せた。

 エーデゴーアも「とてもワクワクしている。本当にいいチャンスだと思った。だからここに来ることができて嬉しいよ」とコメントしている。