「ポケモン映画歴代シリーズNo.1 決定戦」がスタート! 各シリーズ1位の作品を2月7日(日)に配信

写真拡大 (全2枚)

「劇場版ポケットモンスター ココ」が観客動員数100万人を突破。大ヒットを記念して、「みんなで決めよう! ポケモン映画歴代シリーズNo.1 決定戦!」がスタートした。

1998年の「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」から始まり、今回で23作目を迎えるポケモン映画。本作はジャングルを舞台に、ポケモンに育てられた少年・ココと、ココを育てたポケモン・ザルードの親子の愛を描いた今までにないカタチの絆の物語となっている。


ポケモンと人間の狭間で揺れ動く10歳の少年・ココ役には上白石萌歌さん。そして、2012年に6代目中村勘九郎を襲名した中村勘九郎さんが、森で見つけた人間の赤ん坊を森の掟を破って育てる、幻のポケモン・ザルードを演じた。

「劇場版ポケットモンスター ココ」、BeverlyのOPテーマ「ココ」を使用した予告映像を公開!

⇒「劇場版ポケットモンスター ココ」ゲスト声優は上白石萌歌と中村勘九郎! 中川翔子と山寺宏一の出演も決定

⇒アニメ映画上映スケジュールはこちら


そんなポケモン映画の最新作「劇場版ポケットモンスター ココ」が、去年12月25日(金)に公開され、早くも観客動員数100万人を突破。映画を観に行った方々からは「ポケモン映画でこんなに泣くとは思わなかった」「史上最高傑作!」との声も多く寄せられ、日本中を感動の渦に巻き込んでいる。

「みんなで決めよう! ポケモン映画歴代シリーズNo.1 決定戦!」、各シリーズ1位の作品を2月7日(日)に配信

この度、「ココ」の大ヒットを記念して、これまで公開されたポケモン映画歴代シリーズそれぞれの中から、ファンに「もう一度観たい最高傑作」を投票してもらう企画が決定。選ばれた各シリーズの1位作品・計5本をオンラインでイッキ観できる。


「劇場版ポケットモンスター」「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ」「ポケモン・ザ・ムービーXY」の各シリーズ(全19作品)の中で、それぞれ好きな作品に投票しよう。

シリーズ別1位に決まった作品を【2月7日(日)12時から】YouTubeで一挙配信する。歴代シリーズをまたいだイッキ観配信施策は、ポケモン映画として史上初の試みだ。

<対象作品 全19本>
▼「劇場版ポケットモンスター」シリーズ
1998年「ミュウツーの逆襲」、1999年「幻のポケモン ルギア爆誕」
2000年「結晶塔の帝王 エンテイ」
2001年「セレビィ 時を超えた遭遇」
2002年「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
▼「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」シリーズ
2003年「七夜の願い星 ジラーチ」
2004年「裂空の訪問者 デオキシス」
2005年「ミュウと波導の勇者 ルカリオ」
2006年「ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子 マナフィ」
▼「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」シリーズ
2007年「ディアルガVSパルキアVSダークライ」
2008年「ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ」
2009年「アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ」
2010年「幻影の覇者 ゾロアーク」
▼「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ」シリーズ
2011年「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム」
2012年「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」
2013年「神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒」
▼「ポケモン・ザ・ムービーXY」シリーズ
2014年「破壊の繭とディアンシー」
2015年「光輪(リング)の超魔神 フーパ」
2016年「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」

【作品情報】
■劇場版ポケットモンスター ココ
2020年12月25日(金)より、全国東宝系にて大ヒット公開中!

<ストーリー>

人里から遠く離れたジャングルの奥地。厳しい掟で守られたポケモンたちの楽園、オコヤの森があった。
そこで仲間たちと暮らしていた頑固者のザルード(声:中村勘九郎)は、ある日、川辺で人間の赤ん坊を見つける。
「ニンゲン、これが・・・」
見捨てられないザルードは、森の掟に反して、赤ん坊をココ(声:上白石萌歌)と名付け、群れを離れてふたりで
暮らすことを決意する。
ポケモンが人間を育てる生活が始まって10年。ココは、オコヤの森にやってきたサトシとピカチュウに出会う。初めてできた「ニンゲンの友達」。
自分のことをポケモンだと信じて疑わなかったココの胸の中に、少しずつ疑問が芽生え始める。
「父ちゃん、オレはニンゲンなの?」
自分はポケモンなのか?それとも人間なのか?
悩むココだったが、ある日、招かざる人間の足音が森に近づいてきて、平穏な日々が一変する―。


<キャスト>
特別出演:上白石萌歌、山寺宏一、中川翔子、中村勘九郎
声の出演:
松本梨香(サトシ)、大谷育江(ピカチュウ)、林原めぐみ(ムサシ)、三木眞一郎(コジロウ)、犬山イヌコ(ニャース)、堀内賢雄(ナレーション)


<スタッフ>
原案:田尻 智
監督:矢嶋哲生
脚本:冨岡淳広、矢嶋哲生
アニメーションプロデューサー:加藤浩幸
キャラクターデザイン:丸藤広貴
総作画監督:丸藤広貴・西谷泰史
音響監督:三間雅文
アニメーション制作:OLM
製作:ピカチュウプロジェクト
配給:東宝<メインテーマ>
岡崎体育「ふしぎなふしぎな生きもの featuring vocal トータス松本(ウルフルズ)」(SMEレコーズ)


©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
©Pokémon ©2020 ピカチュウプロジェクト
>> 「ポケモン映画歴代シリーズNo.1 決定戦」がスタート! 各シリーズ1位の作品を2月7日(日)に配信 の元記事はこちら