エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

写真拡大

自身のインスタでフォロワーからの質問に回答「いつか、そのことについて話すかも」

 フィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が摂食障害に苦しんでいたという。自身のインスタグラムで明かしたものを、ロシアメディアが報じている。

 昨年は怪我に加え、新型コロナウイルスにも感染していたメドベージェワ。シニア転向後初めて、1度も試合に出場することがなかった。具体的な時期は明かさなかったものの、摂食障害にも苦しんでいたという。

 衛星放送局「ユーロスポーツ」ロシア版ではメドベージェワが自身のSNSでフォロワーからの質問に答えた内容について、「エフゲニア・メドベージェワが自分の体重の変動と摂食障害について語った」との見出しで報じている。

「身長と体重はどれくらいですか?」という質問に、メドベージェワは「158センチで、体重はおよそ33キロから59キロの間です。病気の後は、一昼夜続けて食べることを余儀なくされます」と話している。26キロもの変動があるという衝撃的な答えだった。

 さらに「摂食障害に直面していたのですか? プロスポーツの世界では、それはかなり頻繁に起こる現象です」という問いには、元世界女王は「直面していました。病気の治療後も苦しんでいました。もしかしたら、いつかそのことについて話すかもしれません」と告白している。

 フィギュアスケートをはじめ、摂食障害に苦しむアスリートは決して少なくはないが、メドベージェワもまた辛い日々を送っていたようだ。(THE ANSWER編集部)