@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

2021年最も美しいスーパーカー

フランス・パリにて「第36回国際自動車フェスティバル」の授賞式がオンライン形式で開催され、2020年9月発表のマセラティMC20が「2021年の最も美しいスーパーカー」において1位を獲得した。

チェントロ・スティーレ・マセラティ(マセラティ・デザイン・センター)によってデザインされたMC20は、マセラティが「驚異的なパフォーマンス、画期的なテクノロジー、そして大胆な技術的ソリューションの融合により、マセラティがスーパースポーツカーの領域に復帰したことを示す」と表現するモデル。

マセラティMC20    マセラティ

マセラティ・イノベーション・ラボが開発し、モデナの歴史ある工場で生産される、100%イタリア製。

MC20は、洗練されたスーパースポーツカーとしてのピュアなコンセプトを貫きながらも、過剰な装飾を排除し、マセラティのアイデンティティを象徴する。ピュアなラインが、スポーツカーとしての個性を際立たせる。

上部はボディラインの美しさにこだわり、ボディ下部ではスポーツカーとしてのテクノロジーに集中するというクラフトマンシップとエンジニアリングとを理想的なバランスで実現したという。

デザインにおける最大の特徴は、マセラティ初となる、独自のバタフライ・ドア。また、マセラティで初めて縦型ヘッドライトを採用しており、ワイドに水平方向に配置されたリアライトクラスターもリアのシルエットを強調する。

美しいボディの内には、100%マセラティ開発となるV6ネットゥーノエンジンを搭載し、0-100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は325km/hを超えるパフォーマンスを有する。

マセラティのデザイン責任者であるクラウス・ブッセは受賞にあたり次のように述べた。

「このような栄誉ある賞を受賞できたことを光栄に思う。これは、このユニークなプロジェクトに取り組んだチーム全体の努力が評価されたもので、マセラティの歴史に新たな章を加えた」