練習を再開した神戸製鋼(提供・神戸製鋼コベルコスティーラーズ)

写真拡大

 ラグビートップリーグの神戸製鋼は27日、新型コロナウイルス感染症陽性反応に伴い、休止していたチーム活動を再開した。神戸市東灘区の練習場で午前9時から約2時間半、全選手がそろって練習を行った。

 神戸製鋼は11日に行った定期PCR検査で関係者10人が陽性判定となり、13日から活動を休止していた。23日のPCR検査の結果と保健所の見解に基づき、チームの安全が確認され、活動再開を決定した。

 トップリーグでは他チームからも感染者が急増したため、今月16日に予定していた開幕を、大会方式を変更して2月20日に延期した。神戸製鋼は開幕戦では花園ラグビー場でNECと対戦する。