彼氏としては最高! 結婚相手としてはNG!結婚に向かない男性3選

写真拡大

結婚生活は、決して甘いものではありません。そんな時、妻の支えになってくれる男性なら良い相手でしょう。しかし全く頼りにならないとしたら、妻は自分ひとりで世間の荒波と戦うことに。それどころか、夫の存在そのものが重荷になってしまうケースもあります。結婚を決める前に知っておきたい、結婚に向かない男性の特徴をまとめてみました。

目次

1.金銭感覚がルーズ

ギャンブルに使うため、消費者金融からお金を借りている。欲しいものがあったら、クレジットカードでバンバン買う。このような傾向にある彼は、間違いなく「浪費家」です。結婚して子供ができても、好き勝手にお金を使いたいという癖はなかなか治るものではありません。
妻の知らない間に借金を作ってしまい、苦労させられることもあるでしょう。デート中は、彼のお金の使い方や持ち物をよく見てみてください。分不相応なお金の使い方をしていたら、結婚相手としては失格かも。

2.浮気をしたことがある

どんなに反省してみせても、浮気癖はそう簡単に治るものではありません。というより、治す気はないと思っておいたほうが無難。なぜなら、浮気はこころの病気だからです。パートナーを泣かせても浮気がやめられない人は、もう自分の意思で性欲をコントロールすることができなくなっているかもしれません。専門家のもとで治療をする必要がある病気の可能性もあるでしょう。
そこまでいかなくても、恋人を傷つけることが分かっていながら、目の前の欲望に負けてしまう人は、結婚したからといって変われるものではありません。相手に対する思いやりが著しく欠けていて、自分さえ良ければいいという自分勝手な性格の持ち主です。

3.著しく配慮に欠ける

ちょっと気が利かないぐらいならカワイイものですが、他人を傷つけても平気でいるような態度は困ります。例えば“友人同士で集まっているとき、恋人との性生活を話してしまう”“面と向かって失礼なことを言う”など。一緒にいるとストレスが溜まり、社会的な信用を傷つけられる恐れもあるので、とても夫婦としてはやっていけません。結婚後、自分の家族の前で妻を悪く言うのも、このタイプです。
一番厄介なのが、自分のしてしまったことに対して罪悪感がなく、全く反省しないこと。そのため傷つけられた側が抗議しても「そんなつもりじゃない」と開き直ってしまうでしょう。ひどい場合は「俺はそんなことをした覚えはない。お前の捏造だ」と、まるでこちらが加害者であるかのように責めてくることも。
こうしたケースだと、夫と夫の家族が全員敵に回ってしまうため、妻は非常に肩身の狭い思いをすることもあります。結婚を考えている彼が悪気もなくズケズケとものを言うタイプなら、結婚は考え直したほうが良いかもしれませんね。

おわりに

付き合っている分には楽しいけど、結婚相手には向かない男性。どんなに好きでも、結婚して、しばらく経てば後悔するのは明らかです。自分はこの人と結婚して本当に幸せになれるのか?をよく考え、少しでも疑問を感じるのであれば、一度立ち止まってみたほうが無難でしょう。
(yummy!編集部)

The post first appeared on .