彼に子どもができても…不倫女性が抜けられない「哀れな妄想の世界」 #175

写真拡大 (全2枚)

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、不倫相手に子どもが生まれてショックを受けている30歳女性。罪悪感よりも彼を好きな気持ちが勝る彼女に、佑雪さんが告げたアドバイスとは?

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子

【クラブ佑雪】vol. 175

「不倫していた上司に赤ちゃんが生まれて、苦しいです」

私には4年不倫を続けていた8歳年上の直属の上司がいます。毎日くだらないことでLINEし、週末は必ず会い、誕生日や記念日にはプレゼントを贈り合っていました。旅行もあちこち行き、体の関係もありました。激務な職場なこともあり、そんな毎日が心の支えになっていました。

そんな彼と妻の間に子どもができました。コロナ自粛で在宅ワークが続き、会ったりLINEする機会も少なくなっていた間のことでした。 彼は子どもができたことを言ってはくれず、別の同僚から聞いて初めて知った形でした。まもなく生まれるそうです。勇気を出して問いただしたら、私との関係を続けたくて黙っていたそうです。怒りは沸かず、ただただショックでした。それ以来、道端で赤ちゃんや小さい子を見るだけで苦しくなります。

彼は妻に私との関係を正直に話し、今後について話し合いをもっているようです。結果を聞いても、生まれてからじゃないと結論が出ないから待ってくれとしか言いません。経済的・体面的にも離婚は選ばないと頭ではわかっています。でも心のどこかでもしかして…とすがってしまう瞬間があり苦しいです。それどころか妻に正直に話したというのも嘘で本当は円満家庭なのでは? 私をキープするための嘘では? とぐるぐる考えて勝手に辛くなっています。

一番辛いのはすべて知った妻のはずなのに、罪悪感よりも自分の悲しい気持ちが止められません。本音ではまだ一緒にいたい気持ちでいっぱいですが、それが叶わないとわかった今、この苦しみから立ち直る方法がわからず、すがる思いで相談をさせていただきました。長々とごめんなさい。ママの厳しいご意見で目を覚まさせていただけたら嬉しいです。

(さくら 30歳未婚 会社員)

昭和の歌謡曲みたいな世界観、捨てましょうか

絵に描いたような不倫ですね。世の中にはこういう不倫のフォーマットが出回っているんですかね? 「彼は妻に私との関係を正直に話し、今後について話し合いをもっているようです」って部分まで、そっくり同じ脚本を、どれだけ見聞きしてきたことでしょう。

はい、お察しの通り、彼は妻に自分の不倫のことなんて話してません。だって、彼がそんなもん話す理由がどこにある? 彼のメリットは? まさか「愛する私と一緒になるため」なんて思ってないでしょうね? 離婚、まして子どもがいるとなるとお金もかかるっていうのに…。それに本気で彼との関係を動かしたいなら、その場で「話が進まないようだったら、私が直接奥さんと話すけど、いつがいい?」くらいのジャブは打っとかないと。

新生児抱えた妻から夫を略奪しようなんて、ガチンコ勝負なんだから。どうせ、そんなジャブすら打てずに終わってるんでしょ? 「話してくれてるなら、あなたを信じて待ちます!」みたいな、彼からすると「シメシメ、今回もうまく騙せたわい」くらいのぬるすぎ対応しかしてないんでしょ? もし、そのジャブが打ててたら、彼がどう返すか、そのときの表情はどうだったかからも、かなりの“真実”が掴みとれたんですけどね。

「一番辛いのはすべて知った妻のはずなのに」とか、そういう妄想もナシでお願いします。生まれたばかりの赤ちゃん抱えたお母さんは、夫や結婚生活に不満もあるかもしれませんが、少なくとも妄想してる余裕なんてない。トイレすら自由に行けない状況で、お乳やったりおむつ替えたり、まるで戦場のような現実に向き合っています。上司の彼も、家庭ではそんな現実に向き合って生きているはずです。

わたくしが考える、不倫の一番ダメな点は「リアルじゃない」ってところ。たとえば、上司にとって職場や家庭は、人生における重い責任を負う現実の場所で、ご相談者さまとの密会は責任を負わずに楽しめる夢のようなもの。だから甘い言葉で嘘ばっかりついてるんです。責任取らなくていいんだもん。口から出まかせ言っても、へっちゃら。ただ、上司はまだいい。その関係が「リアルじゃない」ことを理解して付き合ってるから。

そこいくと、ご相談者さまは夢の中の住人。思考回路も経験を積んでいないままに、不倫に陥ってしまった女性特有の妄想に満ちていて、「リアルじゃない」ことに気がついていない。上司のことも相当美化されてるんでしょうね。ただ、その分、上司にとって理想の不倫相手になれていると思います。真実に目を向けず、嘘に付き合ってくれて、セックスもできる。

今、30歳とのことですが、彼との関係を断ち切って、妄想の世界から抜け出し、きちんと現実を見据えることができるような、大人の女になるチャンスじゃないですか? 令和の世にテレサ・テンの歌の世界の住人みたいなことを言っているようでは、時代にも取り残されちゃって大変でしょ? ここらでニューノーマルな現実に足を踏み出したほうが、まともな恋愛ができるんじゃないですかね。

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。WEBサイト『TABI LABO』で「「今、ツラい」が自由になる! 12星座占い」連載中。

©Carolina Conte / EyeEm/Gettyimages