1月31日は愛妻(あいさい)の日。「愛妻に感謝の気持ちを表し、愛妻感謝を世界に広める日」として日本愛妻家協会が定めた記念日です。

あなたのパートナーは愛妻家?

株式会社ウエディングパークは、「愛妻の日」にちなんで、20〜30代の既婚女性340人を対象に「愛妻家」に関する調査を実施。その結果をご紹介します。

みんなラブラブ!? 回答者の9割以上が「愛されている」と実感

「パートナーから日常的に『愛されている』という実感はありますか」と質問したところ、「ある(73.5%)」「どちらかといえばある(22.9%)」という結果になり、回答者のうち96.4%の既婚女性が「パートナーから日常的に愛されている」という実感があることがわかりました。多くの女性がパートナーのことを愛妻家だと感じているのではないでしょうか。

96.4%が「パートナーから愛されている」と実感!

では、どのような人のことを愛妻家と定義づけるのか。その条件について聞いてみました。

「愛妻家」の条件、1位は?

1位は「愛情や感謝をことばで伝えてくれる(135票)」となりました。僅差で2位は「自分のことを尊重してくれる(131票)」、3位は「家事/育児に一緒に取り組める(40票)」という結果になりました。

「普段から「可愛い」「好き」「幸せ」という言葉をかけてくれるので、愛情表現がわかりやすくて嬉しい(30代/結婚3年目)」や「ちょっとした会話をちゃんと聞いてくれていること。例えば「手荒れがひどくなってきた」と話したらハンドクリームをプレゼントしてくれたりする(30代前半/結婚6年目)」など、会話やコミュニケーションを大切にしているご夫婦は、パートナーから愛されている実感がある様子。

「感謝やねぎらいの言葉をかけてくれたり、行動で示してくれる(30代後半/結婚10年目)」ことが、愛妻家の条件と言えるようです。

9割以上が「パートナーに記念日を大切にしてほしい」。特に大切にしてほしい記念日は?

同調査において、「パートナーに記念日やイベントを大切にしてほしいと思いますか」と聞いたところ、「そう思う(59.1%)」「ややそう思う(35.3%)」という結果になり、9割以上の回答者がパートナーに記念日やイベントを大切にしてほしいと思っていることがわかりました。

記念日は大事!

「パートナーに大切にしてほしいイベントや記念日」として、最も選んだ人が多かったのは、1位「結婚記念日(255票)」で、続く2位は「誕生日(240票)」、3位「クリスマス(68票)」となりました。

結婚記念日については、「2人だけの記念日だから(30代前半/結婚1年目)」、「結婚した当時の気持ちを思いだしてほしいから(30代後半/結婚5年目)」といった声が、誕生日については、「誕生日は自分だけのものだから(20代後半/結婚1年目)」、「自分にとって特別な日を大事な人と過ごすというのは、素敵なことだと思うから(30代前半/結婚3年目)」などの声が寄せられました。

最後に、2021年版の<愛妻家だと思う芸能人ランキング>をご紹介します。

パパになったDAIGOさんが1位に!

「あなたが「愛妻家」だと思う芸能人を教えてください」という質問では、「DAIGOさん(132票)」が1位に!
SNSなどでも家事や子育てに積極的に参加している印象の「杉浦太陽さん(123票)」が2位、「りゅうちぇるさん(113票)」が3位という結果になりました。

\「愛妻家」だと感じる理由/
<DAIGOさん>
・奥さんについて、メディアではあえて多くを語らず、でも優しさに溢れる発言をしている印象。奥さんをとても大事にされているんだと感じる(20代後半)
・奥さんをよく褒めていて、本当に好きなんだなと感じるから(30代前半)

<杉浦太陽さん>
・SNSで家事や子育てに積極的に参加しているところをよく見るから(30代前半)
・2人で助け合っているのが伝わってくるから(20代後半)

<りゅうちぇるさん>
・いつもペコちゃんの辛さを分かってあげようとしてるし、その視点がすごくフラットだから(30代前半)
・記念日などにSNSで感謝の気持ちを伝えているから(20代後半)

夫婦になっても、家族になっても、大切なのは感謝と思いやりなのだなと再確認するアンケート結果でしたね。最近、愛情表現が足りてなかったかも……と気になった人は、愛妻の日をキッカケに、言葉にしたり行動してみてはいかがでしょうか。

【参考】※ 株式会社ウエディングパーク
【調査概要】
表題:「愛妻家」に関する実態調査
調査主体:ウエディングパーク
調査方法:会員向けのインターネット調査
調査期間:2020年12月25日(金)〜12月28日(月)
有効回答:20代〜30代の既婚女性340人