昭和56年に放送されていた伝説の時代劇アニメ「まんが 水戸黄門」がBlu-ray化

写真拡大 (全5枚)

江戸時代の水戸藩主・徳川光圀の日本各地での世直しを描いたテレビ時代劇「水戸黄門」。昭和世代の方は、TBSのナショナル劇場枠で放送されていたテレビ時代劇「水戸黄門」を楽しみに観ていた人も多いかと思います。

そんな「水戸黄門」、実はアニメ化されていたのを知っていますか?昭和56年(1981年)9月3日から昭和57年(1982年)7月15日まで、テレビ東京で「まんが 水戸黄門」というタイトルで全46話が放送。実写時代劇「水戸黄門」の形式を踏襲した唯一のアニメーション版でした。

その「まんが 水戸黄門」が、このほどBlu-ray化されることになりました。

放送40周年を記念して待望の初Blu-ray化となる「まんが水戸黄門」。時代を超えて親しまれる「水戸黄門(水戸光圀)漫遊記」 を題材にした、庶民の味方、おなじみ水戸黄門が敢然と悪に立ち向かう痛快時代劇アニメです。

なかなか味わい深いキャラクターデザインですが、「グレートマジンガー」等を手がけた森下圭介さんが、キャラクターデザインを担当しています。「チャンバラ! チャンバラ! 」と歌う主題歌がとっても印象的だったのを憶えている人もいるのでは?

Blu-ray版では、オリジナルネガフィルムを修復してHDネガテレシネによりHDリマスターを作成してBlu-ray化を実現。初公開となる『まんが水戸黄門』パイロット版のほか、ナック企画の幻の2作品(『日本の民話「笠地蔵』、『日本の民話「一寸法師」』)の貴重なパイロット版も映像特典として収録しています。

「まんが水戸黄門 【想い出のアニメライブラリー 第123集】 Blu-ray版」は、2021年4月30日に発売。現在予約を受付中です。

まんが水戸黄門 【想い出のアニメライブラリー 第123集】 Blu-ray - Amazon