最近、アラサー世代でも増えてきている?デキ婚?。以前は否定的な意見も結構あったけれど、近年それを否定するのは古い結婚観なんだとか!?中には、「デキ婚以外逆に選択肢はない」という考えの男子も・・・!今回は、そんな男子たちのリアルな結婚観をリサーチ!

【詳細】他の写真はこちら

周りでも多いし、デキ婚になんの疑問も持たないというアラサー世代

「親友が最近デキ婚しました。奥さんの方も知ってるんだけど、大学時代から長年付き合ってきた彼女だったので、友達はみんな、結婚するんだろうなって思っていたから、デキ婚だろうがなんの疑問もない。おめでとう!」(IT関連会社勤務・29歳男性)

「大親友がご懐妊!昔から結婚願望が強くて、早く結婚したがっていたからよかったんじゃないかな。今や、デキちゃった→結婚の流れは普通。っていうかそうでもしないと、相手の男子は結婚の踏ん切りがつかないし(笑)」(IT関連会社勤務・28歳女性)

「昔から結婚願望が強い方なんだけど、その順番には全然こだわってはいない。プロポーズして婚約指輪を渡して、結納、挙式、しばらくしてご懐妊なんて、そうはうまくいかないと思ってる」(システムエンジニア・27歳男性)

なにかきっかけがないと結婚まで踏み切れない!

相島宗介さん(自営業・28歳)の結婚観

「デキちゃったみたい」と言われて初めて、重い腰をあげて結婚を覚悟することができる

「僕は結婚願望がまったくないんだけど、もし結婚するとしたらデキ婚以外はあり得ないと思っているし、なんなら周りで結婚する知り合いはほとんどがデキ婚。SNSで『結婚しました♡』って2人の写真、相手との出会い、好きなところを綴ったあとに、『もうひとつ報告があります。お腹に赤ちゃんがいます♡』ってもうテンプレ(笑)。こっちもなにも意外性がないし、疑問も抱きませんね。

自分的には世の中みんなデキ婚が最善策なんじゃないかと思ってるんだけど、そうなったのは男の問題かな?景気が悪くなってお金もあまり稼げないし、会社員だってどんどんボーナスカットされて、指輪渡して、いいお店でプロポーズなんてノンキなことやってらんない。彼女から『デキちゃったみたい』って言われてはじめて、重い腰をあげて覚悟するんじゃないかな。だからデキ婚は、結婚を決意させるため、結婚に向けて話を進めるための最善策だと思う」

順序を追って結婚したところで確実に子どもができるとは限らない

箕輪啓司さん(医療従事者・30歳)の結婚観

結婚生活に子どもが重要であれば、デキ婚が理にかなっている

「結婚願望が強い人って、結婚して子どもをできれば2人ぐらい授かって幸せなマイホームを築きたい、みたいな一連の願望があるけど、もし子どもができなかったらその理想が崩れてしまう。そもそも、今の世の中、その夫婦が確実に授かるとは限らないし、高いお金を払って不妊治療を続けたとしても恵まれないかもしれない。その結果できないことを理由に離婚する夫婦もいるよね。

子どもができないから別れるってことは、そもそもお互いのことが最愛だと思っているのか疑問だし、子どもができるできないが重要なら、デキ婚がいちばん理にかなっているんじゃないかなと思う。僕も将来子どもが欲しいので、デキ婚を希望しています」

アラサー男子たちがデキ婚を望む理由とは?

景気が悪くなり男の給料も減っているから、なにかきっかけがないと結婚を進められない 彼女に子どもができて初めて、重い腰をあげて結婚を本気で考え始めることができる 結婚したからって必ず子どもができるとは限らないから、デキ婚の方が理にかなってる 結婚で子どもができることを重要視するなら、結局デキ婚が最善策取材・文/成田リナ ●登場人物の名前はすべて仮名です