職場にいる! 本気で「腹が立つ」同僚や上司のエピソード

写真拡大

仕事をしていると、色々な人と関わりをもつので、腹が立つことも多いかもしれません。
特に、毎日のように接する同じ職場の同僚や上司には、不満を持つ場面もたくさん出てくるでしょう。
そこで今回は、本気で「腹が立つ」同僚や上司のエピソードについて紹介します。

目次

なんでも「言いふらす」

「とにかくおしゃべりな先輩女性がいて、色んな人になんでも言いふらすので困っています。ほかの部署の人の悪口をちょっと言ったら、それが会社中に広まっていたときには、本当にイラつきました」(30代・男性・IT)
おしゃべりが大好きでしゃべり出したら止まらない人に捕まると、ずっと話を聞いていなければいけないので、かなり鬱陶しいもの。
そのうえ、会社中の人たちに色んなことを言いふらされたら、イライラや怒りだって募るはずです。
少なくとも、プライベートの話や職場の人間関係にまつわることは、気軽に他人に言いふらしてはいけませんよ。

コロコロと「態度を変える」

「偉い人の前になると、ものすごくかわいこぶる子は、見ていてイライラしてしまいます。いつも陰で悪口ばっかり言ってるくせに、180度人間が変わるから、信用できないですね」(20代・女性・アパレル関係)
人によってコロコロと態度を変える人を目にすると、イラッとして嫌な気分になる人は多いです。
さらに、言っていることがいつも違っていたら、八方美人で裏表のある人という印象になるだけ。
もちろんすべての人に同じように接するのは無理なので、あからさまに変えるようなことはやめておかないと、誰からも信用されなくなってしまいますよ。

「いいところ取り」をする

「ほとんど何もしていないのに、成功したときにまるで自分がすべてを取り仕切ったかのように振舞う上司が許せない。ああいう人には誰もついていかないし、尊敬もまったくされていない」(20代・男性・WEB・営業)
いいところだけを持っていって、自分の手柄かのようにする上司は、もっとも嫌われるタイプ。
自分が評価されることしか考えていないので、周囲の人間からはきっと総スカンを食らうでしょう。
「みんなのおかげでうまくいった」という気持ちを持っている上司じゃないと、チームそのものもうまくはまわっていかないですよ。

「口だけ」で行動しない

「口ではカッコイイことを言うけど、実際に動くわけではない。そういう上司を見ていると嫌な気持ちになる。本当は何もできない人なんだろうなって、思わざるを得ないですよね」(30代・男性・通信関連)
どんなに偉そうなことを言っていても、行動が伴っていなければ、その言葉はまったく響きません。
結局は、どういった行動を見せてくれるかで、上司への憧れや尊敬と気持ちは生まれるもの。
特に、何があっても最終的に責任を取ろうとしてくれる上司に対しては、信頼も大きくなるので、ついて行こうという気持ちにもなるでしょう。

さいごに

自分が職場の人たちをイライラさせてしまうような言動を取っていないか、冷静に判断をすることも大事です。きちんと思いやりを持って接していれば、嫌悪感を抱かれるようなことはないでしょう。
(山田周平/ライター)