大相撲初場所>◇十一日目◇20日◇東京・両国国技館

 前頭十四枚目・豊昇龍(立浪)が前頭八枚目・霧馬山(陸奥)を突き落としで下した一番で、立ち合いの変化に館内が微妙な空気に包まれる一幕があった。視聴者からは「あらら」「早すぎてわからんかった」といったコメントが寄せられた。

【動画】豊昇龍が勝ったけど…

 元横綱・朝青龍の甥としても知られる期待の新鋭・豊昇龍。今場所は初日から5連敗したもののその後5連勝を飾って星を五分に戻しており、初顔合わせでモンゴル出身同士の対戦となったこの日も、視聴者から「楽しみな対決」「パワー出せるかな」といったコメントが寄せられるなど、白熱した取組が期待されていた。

 だがタイミングが合わず1度立ち合い不成立となった後、2度目の立ち合いでは豊昇龍が右に変化。バランスを崩してよろめいた霧馬山を突き落としで下し、6勝目を挙げた。あっけなく終わった一番に、観客も肩透かしを食らったのかパラパラとした拍手が響き、館内はなんとも言えない微妙な雰囲気に包まれていた。

 取組を受けて、視聴者からは「あらら」「早すぎてわからんかった」「いい相撲見たかった」といったコメントが寄せられたほか、「一瞬の変わり身。ウマイ!」「よし6勝目」といった声も相次いでいた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)