高橋廣敏さん

写真拡大

 いよいよ始まった大学入学共通テスト。今年の受験生はコロナ禍で満足に授業が受けられず、十分な学力が身に付かないのではないかと保護者の間で不安が広がっているようです。

 また、少子化で1人に掛けられる教育費が多くなったこと、そして長引く不況で少しでも就職に有利になるようにと子どもに高い学歴を望むことから、受験の低年齢化が進み早期の英語教育なども盛んに行われています。

 一方で、子どもの学力、特に国語力は低下しています。OECDが実施している15歳の子どもたちを対象にした学力到達度調査のPISA(Programme for International Student Assessment)の2018年の日本の実績は、数学的リテラシー6位、科学的リテラシー5位、読解力は15位。

 いわゆる難関大学の教員からも「今の学生は総じて幼く思考力が低い」という苦情を聞きます。教育費は上昇する一方で、精神年齢や思考力は低くなっているという声もある今の子どもたち。一体彼ら彼女らに何が起きているのでしょうか?

 今回は前回に引き続き、代々木ゼミナールで長年東大特進クラスなどで現代文小論文を担当し、『初心者からプロまで一生使える 伝わる文章の基本』 (総合法令出版)、『書き方のコツがよくわかる 人文・教育系小論文 頻出テーマ20』 (KADOKAWA)など数多くの小論文の本を執筆し、現在はN予備校で教鞭を取る予備校講師の高橋廣敏さんに前回のお話をふまえて、学力向上のために本当に必要なことは何かについてお話を聞きました。

◆受験が母親の自己実現になっている

――昨今では、コロナ時代こそ「受験は母親が9割」と題して、「母親がしっかりサポートすれば、どんな子も東大に合格できる!」と謳った本も出ています。そのこと自体の是非は別として、朝起きる前に靴下をはかせる、勉強スケジュールも母親が作る、丸付けは母親がする、母親ができなかった問題のコピーを取ってノート作りをするなど母親が徹底管理した、いわば思考停止の状況の中で勉強し続けることは、学力の向上につながるのでしょうか?

高橋:お母さんがいてくれた方が精神的にも安定するし、ストレスも減ります。母親に環境を整えてもらって管理された子どもの学力が上がるか否かと言われれば、それは上がります。

 ただ、母親が敷いたレールに乗って勉強だけオートマチックにやっていれば東大に入るのかもしれませんが、それでは「東大まで」の人になってしまう。「東大から」の人にならないといけないですよね。昨今は東大生クイズ王がもてはやされていますが、問いに答えているだけで褒められるのは大学受験まで。社会人はその知識を活かして社会の問題を発見し、解決を目指していかなければならない。問いに答えることの先に行くべきですが、母親に管理されて勉強だけしてきた子どもたちはその先に行けるのでしょうか。思考停止の人間を生んでいるようにしか見えません。

 受験の母子一体型はかつてから言われて来ましたが、最近の子どもたちの母子一体型は凄いです。ちなみに、言われたことを素直にやる子が受験には強いので、マザコン率は偏差値の高さと比例すると見ています。特に昔も今も東大進学者のマザコン率はすごいですね。学校の先生よりも母親が偉く、彼らの人生に影響を与えるような尊敬できる先生がいないというのもあります。父親の影も薄いように感じます。

 現在の入試改革は「主体性を育む」と謳っているのにママのロボットになった人間が合格するというのはやはりおかしいですよね。母親が受験の主役になっている。結局、ママの自己実現なんです。

◆マザコン受験生のその後――高校生ぐらいになれば好きな女の子ができて、お母さんと一緒にいることに気持ち悪さは感じないのでしょうか。ある本には「恋愛は受験の無駄なので禁止すべき」と書いてあるのも見掛けました。