世帯年収600〜800万円のキャリコネニュース読者には「贅沢はしない」(神奈川県/20代後半男性/世帯年収650万円)と語る人が多い。特に問題なく生活していけるくらいの年収ではあるものの、無駄な出費をしないように気を配っている家庭がほとんどのようだ。

都内在住の30代後半男性は、世帯年収650万円の子持ち家庭。

「特に物欲がなく『いかに安く買い物をできたか』で満足する生活を送っています」

と、ゲーム感覚でやりくりを楽しんでいることを打ち明けている。ほかにも、世帯年収600〜800万円のキャリコネニュース読者のリアルな生活感を紹介しよう。(文:大渕ともみ)

「なんとか子どもには不自由をさせないで済んでいる」

世帯年収700万円の和歌山県の40代後半女性は、2人の子どもを育てるシングルマザー。「少しずつ上がる基本給に比べ、社会保険料や所得税が高い。離婚後は手取りがますます減っている」と頭を抱える。

「子どもたちの塾代は、大きくなるにつれ増えている。1人親の補助は対象外で、自分の服はもう何年も買えていない。なんとか子どもには不自由をさせないで済んでいる」

子ども優先で自分のことまで手が回らず、経済的に厳しい生活を強いられているようだ。女性は「外食しても自分は控えめにして、帰宅後に食べなおしている」と、我が身を削るような節約術を披露している。

「児童手当などで補填していますが、貯金はゼロに近い」

埼玉県の40代前半女性は、4人の子どもに恵まれ賑やかな毎日を送っている。世帯年収は750万円だが、子どもが4人もいれば出費もかさむようで、

「専門学校生が1人、私立高校生が1人、公立小学生が2人。高校生の子は部活で遠征費などがかかりますし、下の子の習い事では月5万円弱かかっています。ほかにも食費に雑費、子どもの服やレジャー費、私のお小遣いも含め月10万円でやりくりしないといけません。毎月大きく赤字です」

と家計管理に苦戦していることを明かす。さらに「児童手当などで補填していますが、貯金はゼロに近いです」と告白。生活していくだけで精一杯で、十分な貯金のないことが悩みの種のようだ。

ほかにも、世帯年収600〜800万円のキャリコネニュース読者からは、

「最低限の生活レベルに抑え、年間100万円の貯蓄を目標にしています。今後、何が起こるか不安な点もあるため、贅沢な生活はできません」(長崎県/30代後半男性/世帯年収750万円)
「最後に旅行をしたのは、去年のゴールデンウィークです」(滋賀県/50代前半男性/世帯年収700万円)

という“慎ましい生活”を強調する声が寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収400〜600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」