もしかして別れたいの!? 彼が発信する恋の終わりの危険サインを知ろう

写真拡大

最近、彼の態度が冷たいけど、実は私と別れたがっているのかな?と心配する女性は意外と多いです。
女性は男性に比べて、恋愛をすると生活における恋愛のウエイトが大きくなる人が多いので、同じだけの愛情で応えてくれないと不安になってしまいます。
しかし、自分の気持ちだけでは恋愛を育てることも継続することも難しいのが事実。気持ちの一方通行は、必ずしも良い結果にはつながないでしょうから、下手をすると別れを切り出されてしまう可能性もあります。
好きな人が離れていってしまうサインを知っておかないと、気持ちの押し付けで破局してしまうかもしれません。そうなる前に気づけるように、彼からの別れの危険サインについてお伝えします。

目次

まずは男女の性質の違いを理解

会ってない時も相手のことを考えてくれる時間が長い女性ほど、連絡がないと愛されていないと感じるようです。
しかし、男性は女性と違って、恋愛中であっても彼女のことをどんなに好きでいても、会っていないときは意識していないケースが少なくありません。そうした男女の性質の違いを理解していないと、ウザイ女になってしまいます。

会っているときのサイン

以前は少しでも長く一緒にいたそうにしていたのが、ある程度一緒に過ごすとさっさと帰ろうとしたり、話をしていても適当な返事することが増えたりする。これは、恋愛初期の情熱が落ち着いてきた証拠です。
ボディタッチが減るのは特に気をつけるべきです。別れるまではいかなくても、あなたへの興味が薄れている可能性は大いにあります。
また、約束をキャンセルされたり、あまり先の予定を入れたがらなくなったりするのも、あなたとのデートが最優先にする必要がなくなってきているということです。
ケンカをしても、以前なら言い合いができたり、すぐに謝ってきたりしたのに、そのまま放置。用事がないと連絡が来ないのも、あなたへの執着がなくなってきているということでしょう。
しかし、これらのケースはすべて長年付き合っているカップルなら経験していること。
つまり、ある程度の期間付き合った結果、はじめの燃え上がるような時期を過ぎて、安定期に入ったということなので、普通と言えば普通なのです。
恋愛初期から安定期に移行するタイミングは、彼から別れを切り出されやすいタイミングでもあります。なぜなら、相手の気持ちの変化を「冷めた」と思い、彼の気持ちを疑うような言動をとってしまいがちだからです。
彼の気持ちを確かめる、試す、といったことは、彼から「信用がないんだな」と、距離を置かれてしまいかねません。彼からの別れのサインに気が付くのも大切ですが、それを自分から出させるようなことは禁物です。

彼からの拒否反応

本当に危機感があるのは、以前はいつでも入れてくれていた自分の部屋に入れてくれなくなったり、携帯をロックするようになったりと、彼から拒否反応が出る時です。
これは、いわゆる他の女の影がちらつき始めた時とも言えます。あなたが彼女としてどれくらいの期間付き合ったのかや、誰が本命なのかで取るべき行動も違ってきますが、とりあえず浮気の気配を感じたらかなりの危機だと思ってよいでしょう。
そこで、問い詰めて反省させるか、広い心で戻ってくるのを待つかは人それぞれですが、いずれにしても多少の修羅場があるのは覚悟したほうがいいかもしれません。
倦怠期に軽く気持ちが浮わつくように見えているくらいならまだいいですが、本気であなたの存在がないがしろにされてるようなら、早めに見切りをつけるのもひとつの方法です。
実際には、新しい女性関係もないのに積極的に別れようとする彼氏は少ないので、彼が別れたがっているのを感じたら、まずは浮気を疑うことも必要かもしれません。

さいごに

別れの兆候を見極めたところで、そのタイミングでは「時すでに遅し」ということもあります。そのようなことになる前に、彼が自分のどこが好きなのかを理解しておくことのほうが大事かもしれません。
(yummy!編集部)