ユニクロでビジカジスタイルを揃えるオジサンも増えている(原宿店/時事通信フォト)

写真拡大

 在宅勤務の広がりによってスーツ需要が減り、大手紳士服チェーンは軒並み苦しい経営を強いられているが、代わってオジサン世代でもビジネスカジュアル(ビジカジ)スタイルを取り入れる人が増えている。中でも安価で上下揃えられるユニクロは圧倒的人気だ。ファッションジャーナリストの南充浩氏が、“全身ユニクロコーデ”でも野暮ったく見えないビジカジスタイルの作り方についてアドバイスする。

【写真】コスパ最強のユニクロコーデ

 * * *
 30代半ば未満の若い男性の方々からはちょっと想像もできないかもしれませんが、完全なるビジネススタイルでもなく、完全なるカジュアルスタイルでもない極めて中途半端な「ビジカジスタイル」というものを作るのは、20年くらい前まではなかなか苦労しました。

 おそらく、ビジカジスタイルに一番親和性が高いのは、アイビースタイルやプレッピースタイルではないかと思いますが、そういうアイビー・プレッピー向けアイテムというのは、まあまあ高い価格のブランドでしか扱われていませんでした。

 ファッションビルや一部の百貨店ブランド、大手セレクトショップあたりが得意としたアイテムでしたが、1アイテム当たりの価格は、シャツやポロシャツ、セーター類などの中軽衣料と呼ばれるジャンルですら、だいたい1万円を越えており、1万円を下回るのはTシャツくらいでした。

 スーツやジャケット、コート、防寒ブルゾンなどの重衣料と呼ばれるアイテムは安くても3万円、平均価格が5万円といったところ。少し背伸びをすれば10万円オーバーになりました。そのため、2000年代半ばまでは、ビジカジスタイルを揃えるのにお金がかかり、よほどの愛好家か、金持ちの道楽かみたいな感じまでありました。

高コスパなユニクロのビジカジアイテム

 しかし、今はユニクロ、無印良品などの低価格ブランドが完璧な出来ではないものの、昔の低価格ブランドに比べるとコスパも高いビジカジ向けアイテムを発売しており、選び方さえ間違わなければ、20年前の半額以下の金額でビジカジスタイルが揃えられる良い世の中になりました。だからアパレル業界は客単価低下に悩んでいるともいえるのですが……。

 これまでユニクロはベーシックな服というスタンスを強調してきましたが、2000年代半ばからデザイナーズコラボを開始し、高感度なイメージも追求し始めました。

 ユニクロのデザイナーズコラボが注目されるきっかけとなったのが、2009年秋冬にスタートしたジル・サンダー氏とのコラボライン「+J」でした。2011年秋冬で終了しましたが、今年11月に9年ぶりに復活を遂げました。

 復活したラインは2009年を大きく上回る盛り上がりを見せ、発売日朝から通販サイトのサーバーは落ち、各ユニクロ店舗には開店前に長蛇の列ができ、入店まで数時間待ちの状態が続きました。発売開始から数日後には完売商品も出てしまい、転売サイトには定価の何倍もの値段が付けられて多数出品されています。

 またこの「+J」と並ぶユニクロのデザイナーズコラボの看板ラインといえば、クリストフ・ルメール氏とのコラボ「ユニクロU」です。もうすっかりユニクロではおなじみとなっています。少し色や柄に個性があるのが、JWアンダーソンとのコラボで、こちらも今秋も引き続き展開されています。

ジャケットはサイズ選びが肝心

 今回はこれらのコラボラインではなく、ユニクロ本体の商品で40代以上のオジサン世代でも失敗しないビジカジスタイルをコーディネートしてみます。ちなみに、すべてMサイズの商品です。

 最近、この手のオジサン向けコーディネート特集がいろいろな媒体で特集されていますが、まず真っ先に気を付けてもらいたいのが体型の維持です。

 中高年になると誰しも若い頃より体重は増えますが、太りすぎないことが大切です。近ごろは健康ブームのおかげなのか、メタボ体型のオジサンも少なくなっていると感じますが、あまりにも肥満体型ですとコーディネート云々ではカバーしきれません。逆に体型が若い頃に近いと、たいしたコーディネートをしなくともそれなりに見苦しくありません。

 さて、まずはジャケットから見ていきましょう。

 テイラードタイプのジャケットについては、最もサイズ選びに注意が必要なアイテムです。オーバーサイズやルーズサイズが全盛ですが、ジャストサイズを選びましょう。特に袖の長さは重要で、手首あたりまでで、ジャケットの袖口からシャツの袖口が1cmから2cm程度覗くのが理想です。

 身幅がきついなと思うなら、綿100%とかウール100%ではなく、ストレッチ混(ポリウレタン混)の素材を選ぶと伸び縮みします。一方、もう少しカジュアルなテイストならオーバーサイズのテイラードジャケットもアリです。「感動ジャケット」や「コンフォートジャケット」を選ぶとストレッチ性があります。

 個人的にはテイラードジャケットは日本人のオジサンには黒よりも紺が似合いやすいと思うので、紺色しか販売されていない「コンフォートブレザー」(5990円)を使ってみます。通常、ブレザーというと金色のボタンをイメージする人も多いですが、このブレザーはツヤ消しのシルバーボタンなのでそこまで悪目立ちしません。

 少し薄手な生地の組成はポリエステル67%・レーヨン29%・ポリウレタン4%でストレッチ性があります。ポリエステル100%の裏地は袖と前身頃だけで背中にはありません。ちょっと寒いと感じる人もいるでしょうが、真冬はコートを着用してください。春・秋・冬のスリーシーズン着用できます。

チェック柄シャツを選ぶ注意点

 次にインナー選びです。かつてのビジカジスタイルのジャケットの下に着る服は、「襟付きシャツにネクタイ無し」が定番でしたが、最近はTシャツ類でもOKな風潮になってきました。

 ジャケットの下に着ることを考えると、ジャケットがジャストサイズなのでTシャツやシャツもオーバーサイズではなく、ジャストサイズであることが望ましいでしょう。オーバーサイズのインナーではジャケットを羽織った時に身幅がもたつくばかりでなく、アームホールの中に袖の生地がたまってしまって動きづらくなります。

 白無地シャツだとちょっと地味なので、白×色のストライプ柄やチェック柄が良いと思います。同じチェック柄でもネルシャツはカジュアル色が強すぎるので、上級者でなければやめたほうがいいでしょう。またボタンダウンのデニムシャツもカジュアルダウンとして使えます。

 今回はドレスシャツを使わず、カジュアルシャツの中から「エクストラファインコットンブロードストライプシャツ」(1990円)や「エクストラファインコットンチェックシャツ」(1990円)、「ボタンダウンデニムシャツ」(2990円)も使いました。たまたま今春に発売されたデニムシャツを持っていたのですが、今秋も新型が発売されており、そちらのほうはボタンが白色になっています。

パンツは必ず「くるぶし」で裾上げ

 最後にパンツ選びですが、パンツはここ何年間かで最も様変わりしたアイテムではないかと思います。

 2015年頃までメンズもレディースも全分野でスキニー全盛でしたが、2015年頃からワイドパンツへの揺り戻しがありました。ただし、2010年以前と最も異なる点は、細かろうが太かろうが、裾の長さが短めであるという点です。

 1970年代のスーツスタイルはジャストサイズなので、2010年頃と非常に似ているのですが、違うのはパンツの丈の長さです。当時のスーツのパンツは、革靴の上で生地がたまっているワンクッションの状態が好まれました。

 しかし、2010年頃からパンツの丈はカジュアル・ビジネス両方ともにくるぶしくらいの丈が好まれるようになり、靴の上に生地がたまらなくなりました。ノークッションという状態です。そのため、今、ワンクッションの人を見るとひどく格好悪く見え、それをオジサンがしていると本当に野暮なオジサンに見えてしまいます。ズボンが細かろうが太かろうが、必ずくるぶしで裾上げをしてください。

 スキニー一辺倒ではなくなってしまったので、ビジカジスタイルに最も適しているのは、腰回りと太もも周りにゆとりがあって裾が細くなっているテイパード型のパンツでしょう。

 ユニクロが今展開している中では、「スマートアンクルパンツ」(定価2990円)がストレッチ混なので動きやすく、あらかじめくるぶし丈で作られているのでほとんどの人は裾上げ不要です。生地の組成も合繊主体なので家庭洗濯できるばかりでなく、速乾性もあります。

 紺ブレザーに合わせるので、今回は王道の色合わせにしてみました。ライトグレーとベージュです。紺ブレ+ライトグレーのパンツ、紺ブレ+ベージュのパンツというのはコーディネートの基本中の基本ともいえる色合わせです。

 あと、色合わせで気を付けねばならない点としては、たくさんの色数を使うのは初心者には難しいので、ジャケット・シャツ・パンツ合わせて3色くらいに抑えるほうが無難です。今回は紺をベースに白・ブルーを使い、パンツにグレーかベージュを合わせるというスタイルにしました。

 そんなわけで高額ブランドに挑戦するのも良いと思いますが、まずはユニクロで慣れてみて上級ブランドへステップアップするのが最もお金を無駄にしない方法だと確信しています。