真夏の暑い日に食べるアイスもおいしいけれど、冬の寒い日に食べるアイスも、それはそれでアリ、ですよね。そこで今回は期間限定商品として発売された「ピノ」をピックアップ! 多くの人が待ち望んでいた商品が遂に発売されたんです。

人気フレーバー単体の商品が登場

森永乳業のロングセラーブランド「ピノ」シリーズ。ミルクのコクがあるアイスクリームをカカオの風味豊かなチョコレートでコーティングしたものが定番フレーバーですよね。しかし、2020年11月23日(月)に発売された「ピノ やみつきアーモンド味」は、その名のとおりアーモンドフレーバーのピノです。

アーモンドフレーバーのピノ自体は、「ピノ チョコアソート」という商品のなかのひとつのフレーバーとして1992年に初登場したのだとか。その後、「アーモンド味だけの商品を発売してほしい」などの声が寄せられるようになり、8割以上(※1)の人が望んでいた、アーモンド味だけのピノが今回まさかの商品化となったようです。

これは本当、やみつきです

前述のとおり、アーモンド味のピノはとても人気の高いフレーバーのようですが、筆者はまったく食べたことがなく…。今回はじめて食べてみたんですが、これは本当にやみつきになるおいしさです。

コクのあるバニラアイスと、つぶつぶのローストアーモンドを混ぜ込んだアーモンド味チョコの甘くて香ばしい味わいは、最高の組み合わせですね。

ちなみに、食感のアクセントにもなっているつぶつぶのローストアーモンドは、今回の商品で新たに加えられた素材のようです。「ピノ チョコアソート」のアーモンド味のピノよりも、ちょっとリッチに進化したような印象があってうれしいですよね。

ファンのみなさんは、チェックすることをお忘れなく。

(文・奈古善晴/オルメカ)※1森永乳業調べ:『過去1年以内に「ピノ チョコアソート」を食べたことがある方』かつ『「ピノ アーモンド味」が好きと回答した方』へのアンケート 2019年9月30日〜2019年10月2日 n=466