元カレとは別れてから会わないようにする人が多いと思いますが、ふと寂しくなった瞬間に思い出して無性に会いたくなるときってありますよね。どうこうなりたいとか思っていなくてもちょっとだけ近況を知りたいと思ってしまう経験は、きっと誰にでもあるはず。
そこでそのような経験をしたことがある女性に、元カレと会いたくなったときにどんなことをしたのか教えてもらいました。

共通の友達に連絡をする

「元カレと別れてから1年くらいたった頃、元カレと共通の男友達から久しぶりに連絡がきたんです。その日だけのやりとりだったんですが、なんだか懐かしくなったから急に元カレのことを思い出してしまって。
後日自分からその友達に連絡をして元カレの連絡先を聞こうとしましたが、なんのメリットもないと思って踏みとどまりました」(ネイリスト・32歳)

▽ 元カレと共通の友達を介して再び連絡を取り合うのは実現できそうですが、だからといって進展することはないですよね。したとしても体だけの関係になるだけ。やめておいて正解です。

最寄駅をうろつく

「元カレのことが忘れられなくて引きずっていた時期は、彼の最寄駅周辺を無駄にうろうろしていましたね。会えたとしてもどうにもならないことはわかっていたけど、自然と足が動いてしまうんです。あるとき急に虚しくなってきて、それからは最寄駅に近寄ることもなくなりましたけど」(ブライダル関係・32歳)

▽ 元カレにばったり会えるのを期待して、ストーカーまがいのことをしてしまう人もけっこういるのではないでしょうか。会えた先に何かがあるわけでもなく、虚しさに気がついてやめたようです。

行きつけのお店に行く

「前の彼氏と付き合っていたときによく行ったカフェがあるのですが、別れてからはしばらく行けていませんでした。新しい彼氏ができて気持ちに余裕ができた頃、久しぶりに一人でふらっと立ち寄ってみたんです。そこのマスターとも顔見知りだから話していたんですが、どうやら今でも元カレは来るみたいで、マスターを通して近況を知りましたね」(事務・29歳)

▽ 元カレとの思い出の場所は、別れてしまうと行きたくてもなかなか行きにくくなってしまうもの。マスターから元カレの近況を教えてもらい、満たされた気持ちになって帰ることができたようです。

SNSで探す

「暇になると元カレのことを思い出してしまうことってありませんか? そうすると必ずSNSで探してしまいますね。見つかる人と見つからない人がいますが、『ふーん、そうなんだ』とつぶやきながらチェックしています。ちょっと会いたい気持ちもあるけど、今はSNSをたまにこっそり見るくらいでいいかな」(エステティシャン・31歳)

▽ 元カレの連絡先を消してしまっても、SNSなら再びつながることも可能です。さすがにDMを送ることはやめたそうですが、今でもたまにこっそりとのぞき見をしているのだとか。

元カレに二度と会いたくないという人もいれば、もう一度会いたいと願う人もいます。ヨリを戻す可能性もゼロではありませんが、だいたいはうまくいかないことが多いので、思い出は思い出として心の中にしまっておくのが一番なのかもしれませんね。