『ラブ・アクチュアリー』や『ホリデイ』を含む数多くのクリスマス映画のなかでも、やはり一番の名作と言われるのが、『ホーム・アローン』シリーズ。子どもから大人まで、世界中で愛される同作は、実は2020年で公開30周年を迎えるそう!

本記事では、公開30周年記念を祝して、誰もが知る『ホーム・アローン』のアイコニックなシーンにまつわる意外な事実をお届け!

名場面の一つでもある、映画主人公のケビンが髭剃りローションを顔に塗って、あまりの刺激に「あー!」と叫ぶこのシーン。撮影当時、現場は笑いの渦に包まれたようですが、実はこの叫びの演技は、ケビン役を演じたマコーレー・カルキンのアドリブだったのだとか!

同作の監督クリス・コロンバスさんは『Insider』誌のインタビューで、「別に彼にあんなリアクションをしてほしいと指示したわけではないんだ」と当時を振り返っています。

「肌がヒリヒリするものを顔につけたら、普通だと反射神経で顔から手を放すよね。だから、つけたら手を振り放すように教えたんだ。そして1テイク目で、彼は自分の手をそのまま顔につけたまま、見事な叫び声をあげた。それを見て製作陣は笑いが止まらなかったんだよ」
「そのあと、手を顔から離すバージョンを何テイクか撮ったんだ。でも、編集者のラジャ・ゴズネルが1テイク目を採用して、今となっては一番有名なシーンになったよ」

そんなシーンを生み出したマコーレー・カルキン本人は、自身のInstagramで、ケビンが叫んでいる瞬間のマスクをつけた姿を投稿し、新型コロナウイルス感染予防のためにマスクを着用するよう呼びかけました。

View this post on Instagram

A post shared by Macaulay 'Instagram' Culkin (@culkamania)

ディズニープロデュースで、リメイク版の制作が発表され、この有名なシーンが再現されるのか、注目が集まります。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、今年は「おうちクリスマス」を過ごすという人たちは、ぜひ『ホーム・アローン』シリーズを観て、ノスタルジックに浸ってみるのはいかが?

『ホーム・アローン』を観る

※この翻訳は抄訳です。

Translation: ARI

COSMOPOLITAN UK